ファイルインポートの設定

.JSON - JavaScript オブジェクト表記 (TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

コンテキストメモコンテキストキー訳文最大長は、10 MB を超えるファイルは処理されません。

.ARBファイルを処理するには、新規ジョブの作成時にJSONファイルの種類を選択します。

ファイル形式

  • .JSON

インポートオプション

  • ICUメッセージの解析

    ICUメッセージは自動的にタグに変換されます。ICUメッセージを含むファイルにインライン要素を含めることはできません。

  • HTMLサブフィルターを使用する 

    ファイルに含まれるHTMLタグをインポートします。タグは、.HTML ファイルインポート設定で使用できます。

    有効にすると、HTML 文字 &< は、完成ファイル内で実体 &< に変換されます。

  • Phrase TMSタグに変換する 

    正規表現を適用して、指定されたテキストをタグに変換。

  • 特定のキーのみインポート(正規表現を使用)

  • 特定キー除外(正規表現使用

  • コンテキストメモ

    一致するコンテンツはコンテキストノートに表示されます。

  • 訳文の最大長さ

    要素をインポートするか、各要素の最大訳文文長を指定します。各セグメントの文字数制限は、エディタ内のコンテキストメモペインに表示されます。制限を超える文字は赤色で強調表示されます。

  • コンテキストキー

    TMコンテキスト(101%一致)を構成します(該当する場合)。

Simple JSON

JSONはJavaScript Object Notationの略です。当初はJavaScript専用に設計されていましたが、.XML、.YAML、.Propertiesなどと並行して標準のExchangeファイル形式になりました。JSONは、中括弧で囲まれたキーと値のペアで構成されます。値は、文字列、数字、またはオブジェクト(中括弧で囲まれた1つ以上のキーと値のペア)のいずれかです。Simple JSONは単なる.JSONファイルであり、複数形化の目的を除き、ほとんどの値はプレーンStringsです。この場合、値として配置されたStringsが翻訳対象になります。

推奨インポート設定

JSON配列は、角括弧[]で囲まれた名前と値のペアの一覧です。JSONオブジェクトは中括弧{}で囲まれた名前と値のペアの一覧です

  • 特定のキーのみインポート(正規表現を使用): simple_キー|nested.deeply.キー

    • sample_collection キーに続く配列のすべての値をインポートするには (^|.*/)sample_collection\[.*\]

    • pluralized_キーキーに続くオブジェクトのすべての値をインポートするには (^|.*/)pluralized_キー/.*

  • 特定のキーのみ除外(正規表現を使用): 未検証_キー

  • コンテキストキー:

    • キー_with_description キーの値を持つには、 ../キー_with_description を使用

    • 指定されていない場合、または指定されていない場合は、親キー/子キーで作成されます。

    • boolean_キーなどのJSONキーはコンテキストキーとして設定できません。

例:

{
  "boolean_key": "--- true\n",
  "empty_string_translation": "",
  "key_with_description":「ぜひご覧ください!このキーには説明があります!(少なくともいくつかの形式)",
  "key_with_line-break":"This translations contains\na line-break.",
  "nested.deeply.key":"わあ、このキーはさらに深くネストされています。",
  "nested.key":"このキーは名前空間内にネストされています。",
  "null_translation": null,
  "pluralized_key": {
    "one":"複数形が1つだけ見つかりました。",
    "other":"わあ、%s個の複数形がありますね!",
    "zero":「複数形がない」
  },
  "sample_collection": [
    「最初のアイテム」、
    "番目のアイテム",
    「第三項目」
  ],
  "simple_key":"シンプルなキーとシンプルなメッセージ",
  "unverified_key":「この翻訳はまだ検証済みではなく、待機しています。(一部の形式では、このステータスもエクスポート)
}

ネストされたJSON

ネストされたJSONは単にJSONファイルであり、その値の大部分は他のJSONオブジェクトです。Simple JSONと比較して、Nested JSONはオブジェクトを異なるレイヤーに分離するため、メンテナンスが簡単です。

推奨インポート設定

JSON配列は、角括弧[]で囲まれた名前と値のペアの一覧です。JSONオブジェクトは中括弧{}で囲まれた名前と値のペアの一覧です

  • 特定のキーのみインポート(正規表現を使用): キー_with_line-break|simple_キー

    • sample_collection キーに続く配列の値をインポートするには (^|.*/)sample_collection\[.*\]

    • pluralized_キーキーに続くオブジェクトのすべての値をインポートするには (^|.*/)pluralized_キー/.*

    • 最初のキーの値をインポートするには ネスト/ディープ/キー

    • 2番目のキーの値をインポートするには ネスト/キー

    • レベルに関係なくキーの値をインポートするには (^|.*/)キー

  • 特定のキーのみ除外(正規表現を使用): 未検証_キー

  • コンテキストキー:

    • キーkey_with_descriptionの値を持つには、 ../キーwith_descriptionを使用

    • 指定されていない場合、または指定されていない場合は、親キー/子キーで作成されます。

    • boolean_キーなどのJSONキーはコンテキストキーとして設定できません。

例:

{
  "boolean_key": "--- true\n",
  "empty_string_translation": "",
  "key_with_description":「ぜひご覧ください!このキーには説明があります!(少なくともいくつかの形式)",
  "key_with_line-break":"This translations contains\na line-break.",
  "nested": {
    "deeply": {
      "key":「わあ、このキーはさらに深くネストされています。」
    },
    "key":「このキーは名前空間内にネストされています」
  },
  "null_translation": null,
  "pluralized_key": {
    "one":"複数形が1つだけ見つかりました。",
    "other":"わあ、%s個の複数形がありますね!",
    "zero":「複数形がない」
  },
  "sample_collection": [
    「最初のアイテム」、
    "番目のアイテム",
    「第三項目」
  ],
  "simple_key":"シンプルなキーとシンプルなメッセージ",
  "unverified_key":「この翻訳はまだ検証済みではなく、待機しています。(一部の形式では、このステータスもエクスポート)
}

React-Intl Simple JSON

React-Intlは、主にReactで開発されたアプリケーション向けに、国際化(i18n)と(ローカライゼーション)を簡素化するために設計されたJavaScriptライブラリです。デフォルトでは、React-Intlは.jsファイルを使用してローカライズされたコンテンツを保存します。

推奨インポート設定

JSON配列は、角括弧[]で囲まれた名前と値のペアの一覧です

  • 特定のキーのみインポート(正規表現を使用): キー_with_line-break|nested.deeply.キー

    • sample_collection キーに続く配列のすべての値をインポートするには (^|.*/)sample_collection\[.*\]

  • 特定のキーのみ除外(正規表現を使用): 未検証_キー

  • コンテキストキー:

    • キー_with_description キーの値を持つには、 ../キー_with_description を使用

    • 指定されていない場合、または指定されていない場合は、親キー/子キーで作成されます。

    • boolean_キーなどのJSONキーはコンテキストキーとして設定できません。

例:

{
  "boolean_key": "--- true\n",
  "empty_string_translation": "",
  "key_with_description":「ぜひご覧ください!このキーには説明があります!(少なくともいくつかの形式)",
  "key_with_line-break":"This translations contains\na line-break.",
  "nested.deeply.key":"私は深くネストされたキーです。",
  "nested.key":"このキーは名前空間内にネストされています。",
  "null_translation": null,
  "pluralized_key.one":"子猫が一匹見つかりました。",
  "pluralized_key.other":"わあ、%s匹の子猫がいますね!",
  "pluralized_key.zero":"あなたには子猫がいません。",
  "sample_collection": [
    「最初のアイテム」、
    "番目のアイテム",
    「第三項目」
  ],
  "simple_key":"シンプルなキー、シンプルなメッセージ、とてもシンプルです。",
  "unverified_key":「この翻訳はまだ検証済みではなく、待機しています。(一部の形式では、このステータスもエクスポート)
}

React-Intl Nested JSON

React-Intlは、主にReactで開発されたアプリケーション向けに、国際化(i18n)と(ローカライゼーション)を簡素化するために設計されたJavaScriptライブラリです。デフォルトでは、React-Intlは.jsファイルを使用してローカライズされたコンテンツを保存します。

推奨インポート設定

JSON配列は、角括弧[]で囲まれた名前と値のペアの一覧です。JSONオブジェクトは中括弧{}で囲まれた名前と値のペアの一覧です

  • 特定のキーのみインポート(正規表現を使用): キー_with_line-break|simple_キー

    • sample_collection キーに続く配列のすべての値をインポートするには (^|.*/)sample_collection\[.*\]

    • pluralized_キーキーに続くオブジェクトのすべての値をインポートするには (^|.*/)pluralized_キー/.*

    • 最初のキーの値をインポートするには ネスト/ディープ/キー

    • 2番目のキーの値をインポートするには ネスト/キー

    • レベルに関係なくキーの値をインポートするには (^|.*/)キー

  • 特定のキーのみ除外(正規表現を使用): 未検証_キー

  • コンテキストキー:

    • キー_with_description キーの値を持つには、 ../キー_with_description を使用

    • 指定されていない場合、または指定されていない場合は、親キー/子キーで作成されます。

    • boolean_キーなどのJSONキーはコンテキストキーとして設定できません。

例:

{
  "boolean_key": "--- true\n",
  "empty_string_translation": "",
  "key_with_description":「確認してください!このキーには説明があります!(少なくともいくつかの形式では)",
  "key_with_line-break":"This translations contains\na line-break.",
  "nested": {
    "deeply": {
      "key":「このキーはさらに深くネストされています。」
    },
    "key":「このキーは名前空間内にネストされています」
  },
  "null_translation": null,
  "pluralized_key": {
    "one":"複数形が1つだけ見つかりました。",
    "other":"わあ、%s個の複数形がありますね!",
    "zero":「複数形がない」
  },
  "sample_collection": [
    「最初のアイテム」、
    "番目のアイテム",
    「第三項目」
  ],
  "simple_key":"シンプルなメッセージ付きのシンプルなキー ,
  "unverified_key":「翻訳はまだ検証済みではなく、待機しています。(一部の形式では、このステータスもエクスポート)
}

Chrome JSON i18n

Chrome拡張機能用にローカライズされたStringsは、多くの場合messages.jsonという名前のJSONファイルに保存されます。Chrome JSONファイルは、他のプラットフォームでローカライゼーションに使用されるJSONファイルとは構造が若干異なります。Chrome JSONでは、翻訳が必要なStringsは、各ユニットのキーと値のペアの下にネストされたサブキーメッセージに置かれます。各キーと値のペアに説明を追加することもできます。

推奨インポート設定

JSONオブジェクトは、中括弧{}で囲まれた名前と値のペアの一覧です。

  • 特定のキーのみをインポート(正規表現を使用): .*/message|.*/content

    • メッセージキーの最初の値のみをインポートするには prompt_for_name/message

    • ユーザーキーに続くオブジェクトのすべての値をインポートするには .*/ユーザー/.*

  • 特定のキーのみ除外(正規表現を使用): .*/example

  • コンテキストメモ:

    • 説明キーの値を持つ場合: ../description

    • 指定されていない場合、または指定されていない場合は、親キー/子キーで作成されます。

    • prompt_for_nameなどのJSONキーをコンテキストメモとして設定することはできません。

  • Phraseタグに変換: \$[^\$]+\$

例:

{
  "prompt_for_name": {
    "message":"お名前は?",
    "description":「ユーザーの名前を尋ねる」
  },
  "hello": {
    "message":"こんにちは、$USER$",
    "description":"ユーザーに感謝",
    "placeholders": {
      "user": {
        "content": "$1",
        "example":「シラ」
      }
    }
  },
  "bye": {
    "message":「さよなら、$USER$。すぐに$OUR_SITE$に戻ってきてください!」,
    "description":"ユーザーに別れを告げる",
    "placeholders": {
      "our_site": {
        "content":"Example.com"
      },
      "user": {
        "content": "$1",
        "example":「シラ」
      }
    }
  }
}

国際化JSONに移動

Go-i18nはGolang用に設計された国際化ライブラリです。サポートされているローカライゼーションファイル形式は、JSON、YAML、TOMLなどです。go-i18nで使用されるJSONファイルは、他のローカライゼーション/国際化プラットフォームのJSONファイルとは異なり、go-18n JSONは多くの場合、一連のJSONオブジェクトで構成されるJSON配列として存在します。各JSONオブジェクトは、IDなどのキーで識別される翻訳が必要な文字列を表します。

推奨インポート設定

JSONオブジェクトは、中括弧{}で囲まれた名前と値のペアの一覧です。

  • 特定のキーのみインポート(正規表現を使用): .*/translation

    • 翻訳キーに続くオブジェクトのすべての値をインポートするには .*/translation/.*

    • 翻訳キーに続く2番目のオブジェクトの値のみをインポートするには .*\[2\]/translation/.*

    • 翻訳キーに続くオブジェクトの one キーの値をインポートするには .*/translation/one

    • 5翻訳キーの one キーの値をインポートするには .*\[5\]/translation/one

    • 翻訳キーに続くオブジェクトの other キーの値をインポートするには (^|.*/)translation/other

    • 翻訳キーに続く2番目のオブジェクトの other キーの値をインポートするには .*\[2\]/translation/other

  • 特定のキーのみ除外(正規表現を使用): 。*/other

  • コンテキストキー:

    • IDキーの値を持つには、 ../IDを使用

    • 指定されていない場合、または指定されていない場合は、親キー/子キーで作成されます。

    • 1つなどのJSONキーをコンテキストキーとして設定することはできません。

  • Phraseタグに変換: \{\{[^\}]+\}\}

例:

[
{
    "id": "d_days",
    "translation": {
      "one": "{{.Count}} day",
      "other":"{{.Count}} days"
    }
  },
  {
    "id": "my_height_in_meters",
    "translation": {
      "one":"私はメートルです。"{{.Count}},
      "other":「私は{{.Count}}メートルです。」
    }
  },
  {
    "id": "person_greeting",
    "translation":「こん {{.Person}}にちは」
  },
  {
    "id": "person_unread_email_count",
    "translation": {
      "one":"{{.Person}}に未読メールが{{.Count}}されています。",
      "other":"{{.Person}}には未読メールが{{.Count}}されています。"
    }
  },
  {
    "id": "person_unread_email_count_timeframe",
    "translation": {
      "one":"{{.Person}}に過去{{.Timeframe}}の未読メールが{{.Count}}されています。",
      "other":"{{.Person}}には過去{{.Timeframe}}に未読のメールが{{.Count}}されています。"
    }
  },
  {
    "id": "program_greeting",
    "translation":「Hello world」
  },
  {
    "id": "your_unread_email_count",
    "translation": {
      "one":"未読メールが{{.Count}}件あります。",
      "other":「未読メールが{{.Count}}件あります。」
    }
  }
]

i18n-node-2 JSON

I18n-node-2は、Express.jsで動作するNode.jsベースのライブラリです。国際化ノード 2 は、即時文字列抽出を提供することでアプリケーションと統合します。国際化ノード 2 は、デフォルトの _(「…」) メソッドで翻訳待ちの Strings をラップするために必要なすべてです。実行中、i18n-node-2は事前定義されたロケールに応じて複数のJSONファイルを自動生成します。I18n-node-2は、自動生成されたJSONファイル形式を使用して翻訳可能データを保存します。翻訳の前に、ファイルの健全性チェックを行います。i18n-node-2は複数形化をサポートしているため、翻訳中にすべての変数が変更されないようにします。

推奨インポート設定

JSON配列は、角括弧[]で囲まれた名前と値のペアの一覧です。JSONオブジェクトは中括弧{}で囲まれた名前と値のペアの一覧です

  • 特定のキーのみインポート(正規表現を使用): simple_キー|nested.deeply.キー

    • sample_collection キーに続く配列のすべての値をインポートするには (^|.*/)sample_collection\[.*\]

    • pluralized_キーキーに続くオブジェクトのすべての値をインポートするには (^|.*/)pluralized_キー/.*

  • 特定のキーのみ除外(正規表現を使用): 未検証_キー

  • コンテキストキー:

    • キー_with_description キーの値を持つには、 ../キー_with_description を使用

    • 指定されていない場合、または指定されていない場合は、親キー/子キーで作成されます。

    • boolean_キーなどのJSONキーはコンテキストキーとして設定できません。

例:

{
  "boolean_key": "--- true\n",
  "empty_string_translation": "",
  "key_with_description":「ぜひご覧ください!このキーには説明があります!(少なくともいくつかの形式)",
  "key_with_line-break":"This translations contains\na line-break.",
  "nested.deeply.key":"私は深くネストされたキーです。",
  "nested.key":"このキーは名前空間内にネストされています。",
  "null_translation": null,
  "pluralized_key": {
    "one":"複数形が1つだけ見つかりました。",
    "other":"わあ、%s個の複数形がありますね!",
    "zero":「複数形がない」
  },
  "sample_collection": [
    「最初のアイテム」、
    "番目のアイテム",
    「第三項目」
  ],
  "simple_key": "simple key, simple message, so simple.",
  "unverified_key":「この翻訳はまだ検証済みではなく、待機しています。(一部の形式では、このステータスもエクスポート)
}
この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.