ファイルインポートの設定

.DITA - ダーウィン情報入力アーキテクチャ(TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

オーサリングと公開のためのXMLデータモデル。これは、OASIS DITA技術委員会によって定義され、維持されている標準形式です。

原文ファイルのタグの内容は、「編集」メニューの「タグ」見出しの下にある「タグを展開」をクリックすることでエディタ上で表示でき、F2 キーを押すことで編集できます。

ファイル形式

  • .DITA

  • .DITAMAP

インポートオプション

デフォルト設定は DITA ファイル形式に準拠しています。

  • 翻訳必要要素の追加

    デフォルトの翻訳必要要素はインポートされます。

  • 翻訳不要要素の追加

    デフォルトの翻訳不要要素はスキップされます。

  • 翻訳必要インライン要素の追加

    デフォルトの翻訳必要インライン要素はインポートされます。

  • 翻訳不要インライン要素を追加する

    デフォルトの翻訳不要インライン要素はインポートされます。

  • Phraseタグに変換

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.