ファイルインポートの設定

スライド - Microsoft PowerPointベース(TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

ファイル形式

  • .PPT

  • .PPTX

  • .POT

  • .POTX

  • .PPTM

  • .POTM

OpenOfficeまたはLibreOffice文書(.ODT、.ODS、または.ODP)はサポートされていますが、インポートする前にMS Office形式で保存することをお勧めします。

Google ドキュメント、シート、スライドは、Google ドライブコネクタ経由でインポートされると、自動的に .DOCX、.XLSX、または .PPTX に変換されます。

インポートオプション

  • メモをインポート

  • マスタースライドをインポート

  • 非表示スライドをインポート

  • 他のテキストをインポート

    通常は翻訳不可能なファイルの特殊な値/名前/属性を抽出します。

    次のフォルダからコンテンツをインポートします。

    • notesMasters

    • handoutMasters

    • slideLayouts

オーダーをインポート

スライドをインポートする場合、 テキストボックスはまず縦軸に、 次に横軸に並びます 。エディタ内の対応するセグメントの順序は、テキストボックスの位置を上から下、左から右へと反映します。

書式タグのインポート

スライドによっては、CATエディタに書式タグが多く設定されている場合があります。これは、元のファイル形式(PDFなど)からの変換時に適用して、できるだけ元の体裁を保つためです。たとえば、文字の間隔の太さや狭さ、下付き文字と上付き文字の違い、テキストの色の違い、フォントサイズの違いなどです。

このような場合は、.PPTファイルとして再保存するか、オンラインタグクリーナーツールを使用することをお勧めします。

エクスポート時の一般的なエラー

  • マークが並べ替えられました

    QA を実行し、タグのエラーを修正します。重要ではない無視できる警告の場合は、プロジェクトからファイルをダウンロードし、原文ドキュメントと照らし合わせて慎重にチェックしてください。フォーマット上の違いが顕著な場合は、ジョブ内の該当箇所(タグのエラー)も修正し、今後の作業に備えて、TMにエラーのないセグメントが含まれていることを確認することをお勧めします。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.