統合機能

Magento / Adobe Commerce (TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

通知

このインテグレーションは2023年12月15日付けで廃止されました。別のソリューションが必要な場合は、カスタマーサービスマネージャに連絡し、カスタムソリューションかAPIの使用を検討してください。

Magento コネクタを使用すると、次のコンテンツタイプの原文コンテンツのダウンロードと翻訳の Magento へのアップロードを行うことができます。

  • 製品

  • カテゴリ

  • ページ

  • ブロック

サポートされているバージョン

  • Magento CE 2.3 および 2.4

  • Adobe Commerce 2.3 および 2.4(クラウド版を含む)

使用事例

コネクターにはいくつかの使用事例があります。

  • プロジェクトマネージャは、ファイルをオンラインリポジトリから直接プロジェクトに追加することができます。

  • サブミッターポータルを設定して、サブミッターがオンラインリポジトリから直接リクエストにファイルを追加できるようにします。

  • プロジェクトの自動作成(APC)を使用して、監視対象のファイルまたはフォルダに最終更新日の変更が検出されると、新しいプロジェクトが自動的に作成されます。

    • 選択したファイルは、APCの初回実行時にインポートされます。

Magento 拡張機能のインストール

Phraseコネクタ拡張機能をMagentoインスタンスにインストールするには、3つの方法があります。

Magento Marketplace経由のインストール

  1. Magento Marketplaceのエントリーを開き 、カートに入れます。

  2. Magento Administration で System に移動し、 Web Setup Wizard をクリックします。

  3. Extension Manager を選択します。

  4. インストールする拡張機能の数の下で、 Review and Install をクリックします。

  5. Phraseコネクタを見つけ、 Install リンクをクリックします。

  6. インストールを完了します。

詳細については、 Magento Documentation を参照してください。

Composer 経由でインストールする

次のコマンドを使用して、Composer 経由でインストールします。

composer require phrase/magento2-connector
php bin/magento module:enable Phrase_Connector
php bin/magento setup:upgrade
php bin/magento setup:static-content:deploy

手動インストール

Magento Marketplace または Composer が使用できない場合は、コネクターを手動でインストールできます。

手動でインストールする手順は、次のとおりです。

  1. GitHubリリースからzipファイルをダウンロードします。

  2. Magentoのインストールで、ダウンロードしたzipファイルをフォルダー app/code/Phrase/Connectorに抽出します。

  3. 次のコマンドで拡張機能を有効にし、キャッシュをクリアします。

    php bin/magento module:enable Phrase_Connector
    php bin/magento setup:upgrade
    php bin/magento cache:flush
    php bin/magento setup:di:compile
    php bin/magento setup:static-content:deploy

Magento Settings

基本認証なしで Magento のサイトに入るには、コネクターが有効になっている必要があります。

  1. Magento Administration で Stores にアクセスし、All Stores をクリックします。

  2. ストアビューを作成をクリックして、言語ごとに個別のビューを作成します。

  3. 言語をストアに関連付けるには、 Stores に移動し、Configuration をクリックします。ドロップダウンメニューから Store View を選択し、Locale Options を更新します。

  4. 設定を保存します。

  5. Stores にアクセスし、Configuration をクリックして、PHRASE を選択します。

  6. ブラウザのアドレスバーに URL を入力し、General Configuration セクションからトークンをコピーします。

Phrase TMS設定

  1. Settings Setup_gear.png ページから、Integrations セクションまで下にスクロールします。

  2. Connectors をクリックします。

    コネクタ」ページが開きます。

  3. [New] をクリックします。

    作成」ページが開きます。

  4. Magento サイト URL(プロトコルを含む)と Phrase プラグイン トークンを入力します。

  5. [Test connection] をクリックします。

    接続に成功するとチェックマークが表示されます。そうでない場合は、赤い感嘆符が表示されます。アイコンにカーソルを合わせると、詳細が表示されます。

  6. Web サイトストア、およびソース ストア ビューを選択します。

  7. [Save] をクリックします。

    コネクターが「コネクター」ページのリストに追加されます。

デバッグモード

サポートが必要な場合は、ログファイルを含めてお知らせください。 このファイルには、すべての API コールが含まれています。

  1. Stores に移動し、Configuration をクリックして、PHRASE を選択します。

  2. 設定」で、「デバッグモード」を「はい」に設定します。

    設定を保存します。

  3. 問題を再現する

  4. デバッグモード設定の下の Download リンクをクリックして、 /var/log/phrase_connector.log をダウンロードします。

  5. デバッグモードをオフにし、必要に応じて[Empty]リンクをクリックしてログを空にします。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.