統合機能

Google Drive (TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

対象

  • すべての有料プラン

Google ドライブはクラウドベースのファイルストレージおよび同期サービスで、ほとんどのオペレーティングシステムおよびデバイスと統合し、複数のデバイス間でコンテンツをリアルタイムで同期し、データのバックアップデータリポジトリとして機能します。

Google ドライブコネクタを使用すると、個人用または共有の Google ドライブ リポジトリとの間で直接原文ファイルのダウンロードと訳文ファイルのアップロードを行うことができます。他のユーザーが共有し、[ユーザーと共有]セクションに表示されているファイルはサポートされていません。コネクタは Google ドライブ API を使用して統合を実装します。

Googleドキュメントのサポート

Googleドキュメント、Googleシート、GoogleスライドはPhraseがサポートしていない特殊なファイル形式を使用しています。コネクターは、これらのファイル形式をそれぞれ.docx、.xlsx、または.pptxに変換して処理します。これらのタイプのファイルの翻訳が完了し、Google ドライブにアップロードされると、自動的に元の Google 形式に変換されます。

Google ドライブは、Google API の制限により、特定のサイズ(約 10 MB)を超える Google ファイル(ドキュメント、シート、スライド)をエクスポートできません。ファイルが大きすぎるためエクスポートできませんというエラーがトリガーされ、ジョブは作成されません。この場合は、ファイルをダウンロードし、手動で にアップロードします。

使用事例

コネクターにはいくつかの使用事例があります。

  • プロジェクトマネージャは、ファイルをオンラインリポジトリから直接プロジェクトに追加することができます。

  • サブミッターポータルを設定して、サブミッターがオンラインリポジトリから直接リクエストにファイルを追加できるようにします。

  • プロジェクトの自動作成(APC)を使用して、監視対象のファイルまたはフォルダに最終更新日の変更が検出されると、新しいプロジェクトが自動的に作成されます。

    • 選択したファイルは、APCの初回実行時にインポートされます。フォルダがモニタリングされると、すべてのファイルがインポートされます。

    • 絶対パス設定に対応しています。

  • 選択したファイルの変更が監視されるように継続ジョブを設定します。

Google ドライブ設定

変更は必要ありません。

Phrase TMS設定

重要

カスタムドメイン (mydomain.phrase.jp など) からアクセスする場合は、シークレットブラウザウィンドウを開き、cloud.memsource.com または us.cloud.memsource.com 経由でログインし、コネクタの作成または保存に必要な認証を適用します。保存後、コネクターはカスタムドメイン経由でアクセスできます。

  1. Settings Setup_gear.png ページから、Integrations セクションまで下にスクロールします。

  2. Connectors をクリックします。

    コネクタ」ページが開きます。

  3. [New] をクリックします。

    作成」ページが開きます。

  4. [Google ドライブに接続]をクリックします。

    Google認証画面が表示されますので、アカウントを選択してください。

  5. [Allow] をクリックします。

    接続に成功すると、コネクターの設定にチェックマークが表示されます。そうでない場合は、赤い感嘆符が表示されます。アイコンにカーソルを合わせると、詳細が表示されます。

  6. [Save] をクリックします。

    コネクターが「コネクター」ページのリストに追加されます。

ヒント

現在、Google ドライブのアカウント(個人用および共有ドライブを含む)ごとに、一度に1つのコネクタしか有効な認証を取得できません。

コネクターを切り替える、または同じアカウントに Google コネクターを追加して認証を強制する手順は、次のとおりです。

  1. Google Drive ページにアクセスします。

  2. アカウントをクリック(右上隅)

  3. 左側の[セキュリティ]をクリックし、[アカウントアクセスのあるサードパーティアプリ]まで下にスクロールします。

  4. [Manage third-party access]をクリックします。Phraseコネクタがここに表示されている場合は、削除してください。

  5. 有効な認証を使用して、この Google ドライブ アカウントに新しいコネクターを作成します。

既存のコネクタ間の認証を切り替えるには、非アクティブなコネクタの設定ページで Re-connect to Google Drive を押してください

Google Driveプライバシーポリシー

本サービスを利用することにより、お客様はPhraseがお客様のGoogleドライブにアクセスし、ファイルやフォルダを閲覧し、選択したファイルにアクセスしてダウンロードし、翻訳されたバージョンをGoogleドライブにアップロードし、Googleドライブ内のネイティブGoogleドキュメントにアクセスしダウンロードできることに同意するものとします。GoogleユーザーのデータのPhraseの使用は、このプライバシーポリシーで明示的に開示されている方法に限定されます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.