Phrase TMS

Phrase TMSリリース2024

ヒント

セクションレベル (記事レベルから 1 つ上のレベル) で [フォロー] をクリックして、新しいノートがリリースされると注意を受け取ります。

follow_TMS_RN.gif

以前のリリースノートはアーカイブにあります。統合機能(APIおよびコネクタ/プラグイン)には、それぞれリリースノートがあります。

v24.13 - 2024年7月9日

新機能と改善

  • プロジェクト横断検索はベータテストと見なされなくなりました。

  • Advanced Analyticsジョブ詳細テーブルに EDITING_TIME_S フィールドが追加されました。

  • 出来高ダッシュボードの日付は、ジョブ バージョンが作成された日付を考慮に入れるようになりました。つまり、更新原文と継続プロジェクト経由で新しい単語が追加された日付が考慮されます。

修正されたバグ

  • APC:翻訳エクスポート設定がデフォルトのワークフローステップ番号にリセットされました。この問題は修正されました。

  • 100% TM 一致のデフォルト MT 一括翻訳設定が尊重されていません。この問題は修正されました。

  • プロジェクトページジョブテーブルに複数の言語が表示されている場合、訳文言語のドロップダウンメニューをスクロールできませんでした。この問題は修正されました。

  • .XLIFFファイルのインポートが、ファイルが有効でありながらランダムに失敗しました。この問題は修正されました。

  • ベンダーのベンダーは共有ジョブの納期を変更できませんでした。この問題は修正されました。

  • エンドポイントダウンロードバイリンガルファイルのAPIドキュメントが最新ではありません。この問題は修正されました。

  • Prompsit MT エンジン編集時に include tags オプションを保存できませんでした。この問題は修正されました。

  • ジョブのプロバイダが更新されても、Phrase Analyticsには反映されません。この問題はAdvanced Analyticsジョブ詳細テーブルで修正されています。

v24.12 - 2024年6月25日

新機能と改善

  • ユーザー管理ページのメールログインボタンの動作が、新しい確認プロセスに更新されました。

修正されたバグ

  • リンギストが同じ WF ステップで複数のジョブに割り当てられ、それらに送信されるメールの件名または本文に workflow.name マクロが含まれている場合 (ただし、jobInfo 外)、ワークフローステップが複数回繰り返されました。この問題は修正されました。

  • Brazeコネクターを使用してジョブをインポートする際、.JSONまたは.HTML(.JSONインポート設定でHTMLサブフィルターが有効になっている場合)のインポート設定のPhrase TMSタグに変換フィールドに追加される正規表現が適用されませんでした。この問題は修正されました。

  • APC は新しいジョブで正しいプロジェクトを作成し、Zendesk の記事に変更がなかったにもかかわらず、5 分後に(APC の定義に従って)再度作成していました。この問題は修正されました。

  • サービス言語に問題があるため、従来のAPCを編集できませんでした。この問題は修正されました。

  • オンライン リポジトリから作成されたジョブの一部で履歴を参照リンクが機能しませんでした。この問題は修正されました。

  • 異なるページにあるカスタムファイルタイプ間を移動したり、1 ページに表示されるカスタムファイルタイプの数を変更することはできませんでした。この問題は修正されました。

  • プロジェクトテンプレートを検索しても、ページ割りの問題により、すべての結果が返されるわけではありません。この問題は修正されました。

  • 分析ダッシュボード:未送信の即時見積もりプロジェクトからのボリュームがTMS分析に表示され、処理ワード数と処理文字数にもカウントされていました。この問題は修正されました。

v24.11 - 2024年6月11日

新機能と改善

  • プロジェクト内のジョブの訳文フィルタで複数の言語を選択できるようになりました。

  • Phrase次へGenMTは、Phraseが開発したLLMベースの機械翻訳エンジンで、Open AIのGPTモデルを活用して自動翻訳を行います。

  • 自動LQAは、翻訳コンテンツの品質を評価する既存のプロセスに基づいて構築されており、AIが言語上の問題を特定します。

  • Phrase Analytics内の品質ダッシュボードには、LQAとAuto-LQAに関するデータ洞察が含まれ、TeamプランとProfessionalプランに表示されるようになりました。

  • 認知度を高めるために、Phrase Analyticsに過去12か月分のデータが表示されることを示す説明が追加されました。

  • 改良されたカラーパレットがPhrase Analyticsに適用されます。

修正されたバグ

  • 前の WF ステップで他のユーザーが作成したコメント/LQA への返信を解決または編集/削除しようとすると、リンギストは 403 エラーを受け取りました。この問題は修正されました。

  • ベンダーのページを開くと、予期しないサーバーエラーが発生しました。この問題は修正されました。

  • プロジェクト マネージャは、ユーザー権限でユーザー作成が選択されていないと、他のユーザーが作成したユーザーを変更できませんでした。この問題は修正されました。

  • リンギストは TB の編集のみ許可されていても TB をエクスポートまたはインポートできました。この問題は修正されました。

  • WFステップが選択されていない状態で見積もりを作成した場合、価格はゼロとして表示されました。この問題は修正されました。

  • ひらがな(あいうえお)を入力し、カタカナ(アイウエオ)または漢字(亜伊宇江於)に変換すると、それ以降の入力で意図しない文字変換や確定が行われる。この問題は修正されました。

v24.10 - 2024年5月28日

新機能と改善

  • SSO フローで RelayState リダイレクトがサポート対象になりました。

  • 2024年6月4日より、組織が任意の価格指標容量に達した場合、またはそれを超えた場合のアプリケーション内通知が新たに追加されました。

修正されたバグ

  • 403エラーが発生したときに404エラーページが表示されていました。この問題は修正されました。

  • スペルチェッカーがギリシャ語の誤検出を検出しました。この問題は修正されました。

  • プロジェクトダッシュボードにすべての言語が表示されるわけではありません。この問題は修正されました。

  • プロジェクトダッシュボードに、個々の訳文言語の進捗状況が正しく表示されていませんでした。この問題は修正されました。

  • プロジェクトステータスの自動化ルールで、プロジェクトが「完了済」になっていません。この問題は修正されました。

  • 新規プロジェクトビューのカスタムフィールドでのフィルタリングが機能しませんでした。この問題は修正されました。

  • プロジェクト編集中、誤ったプロジェクト納期が表示されていました。この問題は修正されました。

  • 日本語では、全角フルストップ(U+FF0E)の後に文字または数字が続くと新規セグメントが作成されていました。この問題は修正されました。

  • LQAプロファイル内のTausエラー類型へのリンクに誤りがあったため、頻繁に変更されるため削除されました。

  • ポップアップ警告でジョブを開くためのリンクが表示されませんでした。この問題は修正されました。

  • 新しいトライアルプランでは、組織は品質タブを表示できませんでした。この問題は修正されました。

  • Phrase Language AI が未登録の場合、またはプロジェクトの MT エンジンとして設定されていない場合、MT 一致には MT の代わりに 0 が使用されます。この問題は修正されました。

v24.9 - 2024年5月14日

新機能と改善

  • ジョブ同期コネクターのAPCは、TMSでプロジェクト参考資料としてStringsからジョブ ブリーフィングをインポートできるようになりました。

  • スプレッドシートファイルをインポートする際の数字の処理方法を示す新しいツールチップが追加されました。

  • TM 一覧ページの名前列のフォントサイズが、他のページのパターンと一致するように 12 ピクセルから 14 ピクセルに拡大されました。

修正されたバグ

  • 継続ジョブで、コメントにリンクされているタイムスタンプとユーザーが原文更新後に変更されました。この問題は修正されました。

  • APC

    • Stringsジョブはジョブ同期経由でインポートされていません。この問題は修正されました。

    • オンライン リポジトリからコンテンツをロードする際、APC モニタリング ページでサブフォルダとファイルが正しく表示されない。この問題は修正されました。

  • 一部のリンギストについて、新しいプロジェクト一覧が提示されていませんでした。この問題は修正されました。

  • 「ジョブ」ビューのプロバイダフィルタに結果が表示されませんでした。この問題は修正されました。

  • Safariでプロジェクトページが正しく表示されない。この問題は修正されました。

  • Chromeでプロジェクトダッシュボードが表示されませんでした。この問題は修正されました。

  • 提出者ポータルで選択された訳文言語でプロジェクトが作成されていました。この問題は修正されました。

  • デフォルトでは、新規プロジェクト一覧の下部にある水平スクロールバーが完全に表示されていませんでした。この問題は修正されました。

  • サーバー全体設定を変更する権限のないプロジェクトマネージャーは、プロジェクトの課金率ルールを変更できませんでした。この問題は修正されました。

  • PPTXファイルを翻訳する際、同じセグメント内で2つの異なる色をしていても、色のオーダーは同じままで、語順を変更していた。この問題は修正されました。

  • ModernMT<ept>タグと<bpt> tagsの間のテキストを誤って翻訳しています。この問題は修正されました。

  • TM 一覧ページを移動したときに、スクロールの表示が遅く、時間がかかりました。この問題は修正されました。

v24.8 - 2024年4月30日

修正されたバグ

  • TM コンテンツ検索でのフィードバック リンクが不正です。この問題は修正されました。

  • ゲストはジョブステータスにカーソルを合わせるとプロバイダ/ユーザー名を表示できました。この問題は修正されました。

  • インドの言語、ブルガリア語、カタロニア語、チェコ語のスペルチェッカーが更新されておらず、誤検出が検出されました。この問題は修正されました。

  • APCコネクターがファイルの読み込みを完了する前に確定をクリックすると、ファイルは誤ったフォルダに保存されます。この問題は修正されました。

  • API または APC 経由でジョブがエクスポートされたときに、ジョブのエクスポート ウェブフックはトリガーされませんでした。この問題は修正されました。

  • 権限に大きく依存している組織のプロジェクト マネージャは、プロジェクト テンプレートへのアクセス中にエラーが発生しました。この問題は修正されました。

  • .XSLでインポートされた.XLIFFファイルの文書内プレビューは表示されません。この問題は修正されました。

  • プロジェクトテンプレートのインポート設定を更新する際に、.XSLファイルは削除されました。この問題は修正されました。

  • プロジェクトテンプレートで必須のカスタムフィールドがemptyのTBを選択できませんでした。この問題は修正されました。

  • Safari:US DC では、より上位のワークフローステップにプロバイダを追加できませんでした。この問題は修正されました。

  • ジョブビューShiftキーを使用して一度に複数のジョブを選択することはできません。この問題は修正されました。

  • 翻訳をすべて削除しても、原文とスコアはセグメントから削除されません。この問題は修正されました。

  • 検索で 2 つ目のフィルタを適用すると、「要求されたリソースが見つかりません」というエラーが発生しました。この問題は修正されました。

  • Phrase Language AIでGPTエンジンを使用したときに、提案を返せませんでした。この問題は修正されました。

  • IDM 管理者で ID が SCIM に切り替えられたとき、SSO バインドが設定されていません。この問題は修正されました。

  • 一部のブラウザで、ユーザー名フィールドがパスワード マネージャーに認識されませんでした。この問題は修正されました。

  • 編集後の見積もりの最新バージョンが、見積もり、コスト、節約ダッシュボード、および Advanced Analytics の各テーブルに正しく反映されていませんでした。この問題は修正されました。

v24.7 - 2024年4月16日

新機能と改善

  • Advanced Analytics テーブルの特定のフィールド タイプが更新され、必要に応じて日付またはタイムスタンプが表示されるようになりました。

    変更は既存のクエリに影響を与えません。

    2つのフィールド名が次のように改訂されました。

    表示名(旧)

    表示名(旧)

    影響を受けるテーブル

    ジョブ作成日

    ジョブ作成日(短い)

    ジョブ詳細V1、オンタイムV1、品質V1、ボリュームV1

    作成日解析

    作成日解析(短い)

    V1の活用

修正されたバグ

  • LQA以外のステップからフラグが付けられた問題に返信できましたが、返信は保存されませんでした。この問題は修正されました。

  • 見積もり作成でワークフローステップが追加されると、そのステップへのアクセス時にエラーがトリガーされます。この問題は修正されました。

  • パスワード変更時に、古いパスワードが入力されていても成功メッセージが表示された。この問題は修正されました。

  • APC:複数フォルダモニタリング {remoteFolder} マクロが正しく動作していません。この問題は修正されました。

  • リンギストユーザー用のジョブテーブルが読み込まれていません。この問題は修正されました。

  • 要素(HTMLとして処理)オプションが、文字数制限を.XMLファイルのコンテキストメモとして表示することをブロックしました。この問題は修正されました。

  • ICUメッセージの解析HTMLサブフィルタ使用オプションの両方が有効になっている場合、.JSONをインポートすることはできません。この問題は修正されました。

  • プロジェクトの作成または編集中に課金率ルールのドロップダウンメニューを展開すると、エラーが発生します。この問題は修正されました。

  • 複数のユーザーが割り当てられている場合、PM/管理者ユーザーはTWEからジョブを承諾できませんでした。この問題は修正されました。

  • Portal言語フィールドはテキストを正しく表示しておらず、スクロールできません。この問題は修正されました。

v24.6 - 2024年4月2日

新機能と改善

  • コネクターから作成されたジョブのプロジェクトの列として原文パスを追加できるようになりました。特定のフォルダに属するジョブを検索するフィルタとしても使用できます。

  • Phrase DataJOB_PART_ASSIGNMENT_V2テーブルに2つの新しいフィールドが追加されました。

    フィールド名

    概要

    job_part_status_order

    ジョブパーツのステータスを数値形式で示します。番号は 1 ~ 8 のオーダー シーケンスに従います。

    is_historical

    レコードが TMS に存在しない割り当てを参照しているかどうかを示すブール値

  • コストダッシュボードとテーブルにある見積もり所有権フィールドに表示されるテキスト結果が次のように変更されました。

    • 自社見積もりから自社コンテンツ

    • 共有見積もりから共有コンテンツ

  • Advanced Analyticsテーブルに2つの新しいフィールドが追加されました。

    フィールド名

    概要

    テーブル名で追加

    プロジェクト作成日

    プロジェクトが作成された日付

    Job_Detail

    job_internal_id

    プロジェクトのジョブの行項目の次へ TMS UI に表示される # 番号。

    ジョブ_詳細解析_詳細

修正されたバグ

  • 50個のAPCしかリストできませんでした。この問題は修正されました。

  • 宛先受信者がLQAスコアから消えました。この問題は修正されました。

  • メール比較で大文字と小文字が区別されるため、既存のアイデンティティへの招待が失敗しています(大文字と小文字は区別されません)。この問題は修正されました。

  • サインアップ中に再度送信された検証メールには期限切れのトークンがあります。この問題は修正されました。

  • 重度フィルタは、このフィールドがダッシュボード内のデータ構造で正しく仕事をしないため、品質ダッシュボードから削除されました。

v24.5 - 2024年3月19日

新機能と改善

  • 実用的なエラーメッセージを含む新しいAPCステータスがあります。これにより、APC メンテナンスが容易になり、トラブルシューティングが容易になります。これらのステータスは従来のAPCには対応していません。

    APC_Statuses.png
    APC_Status_Action.png
  • 強制インポートを選択すると、APCが監視するリモートエンティティからすべてのファイルを自動的にインポートするのではなく、ユーザーはインポートするファイルを選択できます。古い強制インポート機能は削除されていません。ユーザーは通常の強制インポートと選択的な強制インポートのいずれかを選択できます。従来のAPCでは強制選択インポートはサポートされていません。

  • Phrase Portal が利用可能になりました。カスタマイズ可能な MT インターフェイスとして機能し、さまざまなレベルのローカリゼーション習熟ユーザーが安全な組織環境でドキュメントや短いテキストを翻訳できます。

  • NextMTに新しい言語ペアが追加されました。

  • 管理者とプロジェクトマネージャ(TMオーナー)はTMSを共有でき、組織内のリンギストにTM品質向上のヘルプとなる翻訳メモリコンテンツ修正権を与えることができます。

  • Phrase Analytics

    • 共有プロジェクトとジョブが、レバレッジダッシュボードとテーブル、および解析詳細テーブルで考慮されるようになりました。

    • 見積もり、節約ダッシュボード、およびテーブルの見積もり所有権フィールドに表示されるテキスト結果が次のように変更されました。

      • 独自コンテンツへの独自見積もり

      • 共有コンテンツへの共有見積もり

    • 解析詳細テーブルのlatest_解析フィールドは、1つのジョブで最後に実行された解析にマークされます。つまり、プロジェクトに複数のジョブがある場合、lastest_解析はジョブごとに生成された解析を行います。このフィールドは、共有プロジェクトとジョブも考慮されるようになりました。

      例:

      • バイヤーがジョブの解析を作成する共有プロジェクトでは、バイヤーとベンダーの両方に latest_解析フィールドは TRUE として表示されます。この解析フィールドは 1 つだけだからです。

      • 共有プロジェクトの場合、バイヤーはジョブを作成し、ベンダーをジョブのプロバイダとして割り当て、このプロバイダで解析を作成します。次に、ベンダー組織はリンギストをこのジョブのプロバイダとして割り当て、(プロプロバイダとして)このリンギストに対して 2 つ目の解析を作成します。このシナリオでは、バイヤーは最初の解析のみを行い、latest_解析はTRUEとします。ベンダーは 2 つの解析を認識していますが、2 番目の解析は最新の実行であるため、latest_解析は TRUE になります。

  • Phrase Dataanalysis_ジョブ_part_v2テーブルとcompare_analysis_ジョブ_part_v2テーブルで、バイヤーとベンダー間の共有プロジェクトとジョブが考慮されるようになりました。これにより、プロバイダが割り当てられていなくても、共有コンテンツのユーザーはいずれかの組織の解析を見ることができます。

修正されたバグ

  • TM 一覧ページでフィルタの値を変更すると、フィルタが表示されなくなりました。この問題は修正されました。

  • プロジェクト編集権限のない PM がそのプロジェクトに TM を追加できました。この問題は修正されました。

  • HTML サブフィルタを有効にして .XML ファイルをインポートすると、HTML tags が変更されています。この問題は修正されました。

  • Microsoft MT エンジンが間違ったオーダーで tags を返す。この問題は修正されました。

  • プロジェクトの MT プロファイルを設定または編集すると、一覧にプロファイルが表示されるまでに時間がかかります。この問題は修正されました。

  • チャンクされたbase64エンコードのため、OneLogin SAMLトークンを解析できません。この問題は修正されました。

  • Suiteログインパスワードには、一部の特殊文字が使用できません。この問題は修正されました。

  • 既存ユーザーとして招待を承諾できませんでした。この問題は修正されました。

  • Cookie を削除せずに Zendesk にログインできませんでした。この問題は修正されました。

  • Strings/TMSブロックユーザーアクセスからIDMに同期されるTFAコード。この問題は修正されました。

  • パスワードに特定の記号 (< または >) が含まれている場合、ユーザーは IDM 経由でログインできません。この問題は修正されました。

  • ワードカウントを集計してエラー数をグループ化する計算が正しくありませんでした。これは、品質ダッシュボード内の 1000 ワードあたりのエラー数で表示される結果に影響しました。この問題は修正されました。

v24.4 - 2024年3月5日

新機能と改善

  • TMSログイン ページで、通常はユーザー名とパスワードでログインするユーザーが、Phrase Suite経由のサインインを求められます。

    Suite_Login.png
  • ジョブステータス履歴ツールチップが新しい順に表示されます。

    job_history.png
  • Phrase Analytics

    • 共有プロジェクトとジョブからのデータを、品質ダッシュボードとテーブル、およびジョブ詳細テーブルでサポートできるようになりました。

      [品質プロバイダ(Quality provider)] フィールドに関して、プロバイダは所属する組織か、別の組織かによって識別されます。 ユーザーが組織に属している場合は、実際のユーザー名とフルネームが表示されます。 ユーザーが別の組織に属している場合は、ユーザーIDと組織名がスコアカードに表示されます。

      プロバイダのフィールドは次のとおりです。

      • translation_provider_username

      • translation_provider_full_name

      • review_provider_username

      • review_provider_full_name

    • 2 つの新しいフィールドが品質テーブルに追加されます。

      • subcategory

        LQAエラーの選択されたサブカテゴリ

      • subcategory_count

        サブカテゴリのエラー数

    • ジョブ所有権フィールドがジョブ詳細テーブルに追加されました。

    • LQA所有フィルタとフィールドが品質ダッシュボードとテーブルに追加されました。

    • 見積もり所有フィルタがコストおよび節約ダッシュボードに追加されます。

    • これらのフィルタはデフォルトで独自コンテンツに設定されています。

      • 固有コンテンツ

        LQAまたは見積もりは、コンテンツが共有されているかどうかに関係なく、あなた自身の組織によって作成されています。

      • 共有コンテンツ

        別の組織によって作成され、お客様と共有されるLQAまたは見積もり。

    • ボリュームおよびオンタイムのダッシュボードとテーブルの所有権フィールドの名前がジョブ所有権に変更されました。

修正されたバグ

  • TB/TMショーページに表示する列を変更できませんでした。選択するか選択解除しても変更は発生しませんでした。この問題は修正されました。

  • 共有プロジェクトバイヤーは、[ベンダー変更可能共有ジョブ納期]オプションでベンダー名を表示できました。この問題は修正されました。

  • PLAIトライアルの有効期限が切れた場合、MTプロジェクトの設定でサードパーティエンジンを選択できませんでした。この問題は修正されました。

  • ジョブ_ステータス_changedウェブフックの一部が、ジョブが完了済に設定されたときに新規ステータスで送信されました。この問題は修正されました。

  • Toフィールドが表示されず、モーダルの下部がLQAスコアカードから切り離されました。この問題は修正されました。

  • Ubiqus NMT MT エンジンへの変更は保存されていません。この問題は修正されました。

  • mtu_usage テーブルに 15 分以上古いレコードがある場合、Web は値を同期的に更新し、これによって UnexpectedRollbackException が発生し、翻訳要求が失敗する場合があります。この問題は修正されました。

v24.3 - 2024年2月20日

新機能と改善

  • トライアルの有効期限のカウントがプラットフォーム間で統一されました。

  • 提出者ポータルを IFrame に組み込むことができるのは、[パブリック ウィジェット URL の無効] および [ユーザー ウィジェット URL へのアクセス許可] オプションが無効になっている場合のみです。

  • Phrase Analyticsのボリュームおよび時間ダッシュボードとテーブルで、共有プロジェクトとジョブからのデータをサポートできるようになりました。これに関連して、ダッシュボードボードのフィルターが次のように改訂されました。

    ボリュームダッシュボード

    • ワークフローステップレベル - デフォルトでは最初のワークフローステップ(1つ)

    • ワークフローステップ名

    ボリュームおよび時間ダッシュボード

    • 所有権 - デフォルトでは「所有コンテンツ」。

      • 独自コンテンツとは、コンテンツが共有されているかどうかに関係なく、プロジェクト/ジョブが独自の組織によって作成されたことを意味します。

      • 共有コンテンツとは、別の組織によって作成され、共有されるコンテンツです。

      デフォルト設定(つまり、最初のワークフローステップに設定し、所有権をコンテンツに設定する)では、組織によって処理された単語の合計が表示されます。

修正されたバグ

  • ユーザーアカウントを(sysadminで)完全に削除し、調整(削除の取り消しなど)することができませんでした。この問題は修正されました。

  • DEVELOPERプランでCaptchaが正常に動作していません(ユーザーがロボットでないことを証明する方法がありません)。この問題は修正されました。

  • 見積もりが誤って価格表の最低価格にスペースを追加し、スペースが原因でエラーを返しました。この問題は修正されました。

  • バイヤーのリンギストは、バイヤーに転送されたプロジェクトのベンダーTMを確認できませんでした。この問題は修正されました。

  • アクセス権限がなくても、ゲストユーザーはテンプレートを表示できました。この問題は修正されました。

  • .SDLXLIFFをTMにインポートすると、内部エラーが返されました。この問題は修正されました。

  • APC概要ページの一部のAPC継続プロジェクトアイコンが欠けています。この問題は修正されました。

  • LQAプロファイルドロップダウンリストが空白か、プロジェクトテンプレートにまったく表示されていません。この問題は修正されました。

  • XLIFF 1.2ジョブからコンテキストメモ情報が欠落しています。この問題は修正されました。

  • 完全に共有されていないプロジェクトの新規プロジェクト一覧に共有プロジェクトアイコンが表示されています。この問題は修正されました。

  • 提出者ポータルでは、1 つ以上のファイルが削除されると納期は消えます。この問題は修正されました。

  • ファイルが削除されても、提出者の送信ボタンは読み込みステータスのままです。この問題は修正されました。

  • 一部の組織はMTエンジンをプロジェクトに追加できませんでした。この問題は修正されました。

  • バイヤーがプロジェクトをあるベンダーと共有し、単一のジョブを別のベンダーと共有している場合、ジョブに割り当てられたベンダーの新規プロジェクト一覧に誤ったプロジェクトオーナーと共有プロジェクトアイコンが表示されます。この問題は修正されました。

  • サブベンダーが分割ジョブ パートを完了すると、すべての分割パートが完了済に設定されます。この問題は修正されました。

  • 原文と訳文に複数の列がある多言語 MS Excel ファイルをインポートすると、元のファイルにあった一部の行のコンテンツが完了ファイルで消える。この問題は修正されました。

  • 正しくネストされていないタグを含むすべてのセグメントがQAで報告されたわけではありません。この問題は修正されました。

  • Microsoft翻訳者は、Inuktikutがサポートする訳文ロケールの6つのうち4つでエラーを報告しています。この問題は修正されました。

v24.2 - 2024年2月6日

新機能と改善

  • 新しいボタンの名前が、「新規プロジェクト」、「新規 TM」、および「新規 TB」(出現場所によって異なる)に変更されました。プロパティボタンも TM 一覧ページのカスタマイズボタンに名称を変更。

  • 見積もりを作成または編集する際、文言がクリアでなかったため、テキストが改善されました。

  • 米国データセンターのみ:TMSログイン ページで、通常はユーザー名とパスワードでログインするユーザーが、Phrase Suite経由のサインインを求められます。

  • Phrase Analyticsに最後のデータ更新の完了時刻が表示されるようになりました。表示されるタイムスタンプには、3時間前まで生成されたデータが含まれていない可能性があることに注意してください。これは、データ更新プロセスがトリガーされたときにトランザクションが時間内に取得されない可能性があるためです。

  • サポートされる新しい言語:

    • アゼルバイジャン語(アゼルバイジャン)

    • カタロニア語(アンドラ)

    • デンマーク語 (フェロー諸島)

    • デンマーク語 (グリーンランド)

    • ダバオエノ語

    • 英語(アフガニスタン)

    • 英語(アルゼンチン)

    • 英語 (チリ)

    • 英語 (サンピエール島・ミクロン島)

    • 英語(セルビア)

    • 英語 (ウォリス・フツナ)

    • フランス語(レバノン)

    • ドイツ語 (オランダ)

    • ヘブライ語(ロシア)

    • ヒンディー語(フィジー)

    • 中国語 (簡体字・香港)

    • 中国語 (簡体字・韓国)

    • 中国語 (簡体字・アメリカ)

    • 中国語 (繁体字・中国)

    • 日本語 (アメリカ)

    • カザフ語(キリル言語、カザフスタン)

    • ラトビア語(ロシア)

    • リトアニア語(ラトビア)

    • リトアニア語(ロシア)

    • パーリ語

    • ポルトガル語(ギニアビサウ)

    • ポルトガル語 (アメリカ)

    • パンジャブ語(カナダ)

    • ケチュア語(ボリビア)

    • ケチュア語(エクアドル)

    • ロシア語 (トルクメニスタン)

    • テディム語

    • ウクライナ語(ポーランド)

    • ウルドゥー語(バングラデシュ)

    • ヴェンダ語 (南アフリカ)

    • ベトナム語 (アメリカ)

  • 他のテーブルおよび TMS 全体で一貫性を持たせるために、解析詳細テーブルの一部のカラムの名前が変更されます。新しい名前はより分かりやすいものになります。

    以前のフィールド名

    新規フィールド名

    MT一致95%編集時間[s]

    MT一致編集時間95~99%[s]

    MT一致85%編集時間[s]

    MT一致85~94%編集時間[s]

    MT一致編集時間75%[s]

    MT一致75~84%編集時間[s]

    MT一致 50%編集時間[s]

    MT一致編集時間50~74%[s]

    MT一致0%編集時間[s]

    MT一致0-49%編集時間[s]

    NT一致95%編集時間[s]

    NT一致95~99%編集時間[s]

    NT一致85%編集時間[s]

    NT一致85~94%編集時間[s]

    NT一致編集時間75%[s]

    NT一致75~84%編集時間[s]

    NT一致50%編集時間[s]

    NT一致 編集時間50~74% [s]

    NT一致0%編集時間[s]

    NT一致0-49%編集時間[s]

    TM一致95%編集時間[s]

    TM一致編集時間95~99%[s]

    TM一致85%編集時間[s]

    TM一致 編集時間85~94% [s]

    TM一致編集時間75%[s]

    TM一致 編集時間75~84% [s]

    TM一致 50%編集時間[s]

    TM一致 編集時間75~84% [s]

    TM一致 0% 編集時間 [s]

    TM一致 編集時間75~84% [s]

修正されたバグ

  • Volumeダッシュボードでの単語数と文字数の切り替えが機能していませんでした。この問題は修正されました。

  • サブスクリプションページで、ユーザーが現在のサブスクリプションのPM数を増減できる矢印が表示されませんでした。この問題は修正されました。

  • 継続プロジェクト:最初のワークフローステップでは、リンギストへの新規ジョブ通知が仕事しません。この問題は修正されました。

  • 日本語:

    • タグ位置がセグメントの最初から最後まで変更されました。この問題は修正されました。

    • ドット文字U+FF0Eの後に全角数字が続くと、新しいセグメントが作成されます。この問題は修正されました。

  • TMS にログイン中に提出者ポータルのサービスを選択することはできません。この問題は修正されました。

  • 原文文書内プレビューでテキストの場所が正しくありません。この問題は修正されました。

  • .JSONファイルに&Plusというテキストが含まれ、HTMLフィルタが有効になっている場合、そのファイルはインポートされ、その後プラス記号+でエクスポートされます。この問題は修正されました。

  • 一部の言語では、文書内プレビューが生成されません。この問題は修正されました。

  • サブベンダーが分割共有ジョブを受け入れると、残りの分割ジョブはサブベンダーから割り当て解除されました。この問題は修正されました。

  • DeepLを有効にすると、ENロケールのPLAIグロッサリーがMTプロファイルで拒否されます。

v24.1 - 2024年1月23日

新機能と改善

  • お客様はライブプレビューをContentfulからCATエディタにインポートできるようになりました(ベータ)。

  • 新しいboolean型フィールドis_latest_解析は、ジョブで最後に実行された解析にフラグを立てます。Advanced Analytics解析_詳細テーブルで使用できるようになりました。

  • Advanced Analytics の 解析_詳細テーブルにネット内部あいまい一致カラムが追加されました。

修正されたバグ

  • 「ジョブ」セクションのプロジェクトページでボタンをクリックしても、ドロップダウンが実行されませんでした。この問題は修正されました。

  • サブスクリプションを購入または編集するチェックアウト ボタンが機能しませんでした。この問題は修正されました。

  • TBページで列の選択を確定できませんでした。この問題は修正されました。

  • ユーザー アカウントの設定を変更しようとすると、保存ボタンがグレー表示され、編集は行われません。この問題は修正されました。

  • Dropbox Passwordsの推奨パスワードに同一のパスワードではないというフラグが立てられました。この問題は修正されました。

  • 提出者ポータル経由でオンラインリポジトリからファイルを追加できませんでした。この問題は修正されました。

  • 一部のリンギストプロジェクト一覧が読み込まれていません。この問題は修正されました。

  • プロジェクト一覧は、すべてのプロジェクトが「完了」状態であることを示しています (プロジェクトを開いてもステータスは正常です)。この問題は修正されました。

  • プロジェクトウィザードの納期カレンダーが、米国タイムゾーンのデバイスに対して正しくありませんでした。この問題は修正されました。

  • ランダムに生成された未定義の複数形ICUが有効になったJSONファイル。この問題は修正されました。

  • プロジェクトダッシュボードに誤った問題ステータスが表示される。この問題は修正されました。

  • グローバルサーバー設定変更権限が無効の PM ユーザーは、プロジェクトの MT 設定で Phrase Language AI プロファイルを選択できません。この問題は修正されました。

v23.26 - 2024年1月9日

新機能と改善

  • プロジェクトコンテンツ検索ボタンがプロジェクト一覧ページに追加されました(従来ページのみ表示)。

  • ゲストを編集すると、ビジネスユニットの権限が表示されなくなります(冗長情報)。

  • 解析の内訳(一致カテゴリの下の非表示オプション)にコントラストの強い色を使用して、より読みやすくしました。

  • サポートされているコネクタの場合、ユーザーは現在利用可能なAPCではなく、1つのAPCにつき最大5つのエクスポートを設定できます。どのコンテンツを(どのワークフローステップから)エクスポートするか、いつエクスポートを開始するかをユーザーが設定できます。

    対応コネクタ

    • Amazon S3

    • Braze

    • Contentful(フィールドとエントリー

    • FTP

    • HubSpot

    • ジョブ同期

    • OneDrive

    • Salesforce

    • SalesForce Suite

    • SFTP

    • SharePoint

    • WordPress

    • Xperience by Kentico

    • Zendesk

  • テンプレートから割り当てられたプロバイダのジョブのステータスが承諾済みです。この問題は修正されました(プロバイダは、承諾されていないジョブにのみ割り当てることができます)。

  • テンプレートからプロバイダを割り当てると、承諾ステータスのジョブがスキップされます。

  • Phrase Analyticsダッシュボードのすべてのフィルタ、チャート軸タイトル、および見積もりダッシュボードの表列名が、言語ペアではなく言語ペアになりました。

  • 数量、品質、見積もり、コストの各ダッシュボードでプロジェクトごとに表示されていたPhrase Analyticsチャートが、実際のTMSプロジェクトページにリンクされるようになりました。

  • 以前は、Timeダッシュボードの平均ジョブ期間チャートに、ジョブステータス納品済みおよび完了済みオーダーまでの所要時間が表示されていました。これが変更され、対応するジョブステータスに基づいて納品時間と完了時間を個別に表示できるようになりました。

  • 新しいwords_processed_latest_versionフィールドがジョブ_Detailテーブルに追加されました。このフィールドには、最新バージョンのファイルのワードカウントが表示されます。

修正されたバグ

  • メールテンプレートは削除できません。この問題は修正されました。

  • ユーザープロファイルページで[TM翻訳を編集]オプションがチェックされた状態では表示されませんでしたが、チェックを入れて保存しました。この問題は修正されました。

  • 価格表をインポートする際、一部の値が変更され、保存方法が変更されました(例えば、0,05から5)。Phrase TMSとMS Excel設定の小数点セットの違いが原因でした。この問題は修正されました。

  • ジョブ ステータスを[完了]に設定しても、APC はステータスを[納品済]に変更しなかった。この問題は修正されました。

  • 一部の継続APCで、APC一覧の継続プロジェクトアイコンが欠けています。この問題は修正されました。

  • ジョブ同期中に一部のAPCが非アクティブに変更されています。この問題は修正されました。

  • プロジェクト一覧ビューにメモフィールドの情報がありません。この問題は修正されました。

  • プロジェクトページの納期フィルタが一部のプロジェクトで正しく動作しない。この問題は修正されました。

  • 価格表に誤ったファイル形式で値を入力すると、たとえば、小数点を使用する言語(英語など)で小数点コンマが使用されると、値が不正に保存されました(例:「0,05」は5として保存されました)。この問題は修正されました。

v23.25 - 2024年1月2日

新機能と改善

  • ファビコンが更新されました。ユーザーはブラウザのどのタブがどの製品(TMS、Strings、分析)を参照しているのかを明確に区別できるようになりました。

  • 用語ベース ページには新しく明確な行が追加され、これによりユーザーは用語をより明確に区別できます。

修正されたバグ

  • サイズ変更後、LQAペインが正しく動作しません。この問題は修正されました。

  • 一部の組織では、特定のプロジェクトで翻訳メモリを選択できませんでした。この問題は修正されました。

  • サブスクリプションページでプロファイルメニューが通貨ピッカーによって非表示にされました。この問題は修正されました。

  • [今すぐサブスクリプション登録する] ボタンを正しくクリックできませんでした (選択されたプランは読み込まれませんでした)。この問題は修正されました。

  • エクスポートされる.DITAファイルは、インポートまたは新規ジョブ作成中に設定された元のエンコードやエンコードに関係なく、常にUTF-8エンコードになります。この問題は修正されました。

  • 日本語のテキストでは、小数点がセグメント区切りとして使用され、テキストが誤ってセグメント化されます。この問題は修正されました。

  • 組織の .docx に対するデフォルトのインポート設定でインポート ドキュメント プロパティ オプションが無効になっている場合、組織のデフォルト インポート設定を取得すると "properties": true が返されます。この問題は修正されました。

  • UTF-16 LE BOMとしてエンコードされた.DITAファイルでプレビューは生成されません。この問題は修正されました。

  • アクセスとセキュリティ設定で外部ドメインを指定せずに、CAT web editorでiframeの読み込みを許可を有効にできました。この問題は修正されました。

  • リンギストの新規プロジェクト一覧のステータス列がジョブステータスを反映していません。この問題は修正されました。

  • アクセスとセキュリティ設定で Web エディタとデスクトップ エディタの両方を無効にして、リンギストがジョブを開くことができないようにした。この問題は修正されました。

  • ベンダーからバイヤーに転送されたプロジェクトで、カスタム NextMT のみのエンジンを使用したバイヤーの Language AI プロファイルが仕事をしません。この問題は修正されました。

  • 外部組織サブスクリプションがない外部組織では、トピック サービスはトリガーされず、外部組織サブスクリプションは作成されません。この問題は修正されました。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.