CLI

CLI 設定ファイル(Strings)の作成

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

コンフィギュレーション ファイルを自動作成する手順は、次のとおりです。

  1. コマンドラインから、 phrase init と入力して .phrase.yml ファイルを作成します。

    CLI で設定プロセスが開始されます。

  2. 提供:

    • アクセストークン

    • PhraseプロジェクトID

    • ロケールファイル形式

    • プロジェクトコードベース内のロケールファイルの場所

基本的な設定ファイルが作成されます。

手動で作成またはコピーした設定ファイルを使用する場合は、次のいずれかの場所に格納します。

  • CLI クライアントが呼び出されるディレクトリ。

  • 現在のユーザーのホームディレクトリ(Unixでは$HOME、Windowsでは$HomePath)。

  • PHRASEAPP_CONFIG 環境変数で指定されたパス。

  • --configフラグによる設定ファイルのパス(例:/some/path/to/phrase.yml)。

サンプルの設定ファイル

GitLab

  • .phrase.yml設定ファイルがリポジトリ内にある必要があります。ファイルは、リポジトリからインポート(プル)またはエクスポート(プッシュ)するファイルを定義します。

  • リポジトリには読み取りアクセスと書き込みアクセスが必要です。

  • 設定ファイルの定義が誤っていると、エラーが発生する可能性があります。ファイルに少なくとも1つのプッシュターゲットと1つのプルターゲット、正しいファイル形式、およびupdate_translationsパラメータの設定が含まれていることを確認してください。

  • API の互換性を確保するには、GitLab 9.5 以降を使用してください。

GitHub

  • .phrase.yml設定ファイルがリポジトリ内にある必要があります。ファイルは、リポジトリからインポート(プル)またはエクスポート(プッシュ)するファイルを定義します。

  • リポジトリには読み取りアクセスと書き込みアクセスが必要です。

  • 設定ファイルの定義が誤っていると、エラーが発生する可能性があります。ファイルに少なくとも1つのプッシュターゲットと1つのプルターゲット、正しいファイル形式、およびupdate_translationsパラメータの設定が含まれていることを確認してください。

  • リポジトリの範囲に対する GitHub アクセストークン (パブリックリポジトリと同期する場合は public_repo)。

  • GitHubでSSOが有効になっている場合は、アクセストークンでもSSOが有効になっている必要があります。

  • phrase_translations ブランチは保護できません。

  • リポジトリの設定に署名付きコミットが不要であることを確認してください。

BitBucket

.phrase.yml設定ファイルがリポジトリ内にある必要があります。ファイルは、リポジトリからインポート(プル)またはエクスポート(プッシュ)するファイルを定義します。

リポジトリには読み取りアクセスと書き込みアクセスが必要です。

設定ファイルの定義が誤っていると、エラーが発生する可能性があります。ファイルに少なくとも1つのプッシュターゲットと1つのプルターゲット、正しいファイル形式、およびupdate_translationsパラメータの設定が含まれていることを確認してください。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.