翻訳中

ローカライゼーションのワークフロー(Strings)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

プロジェクトの文字列をローカライズするのは初めての場合は、次のようなワークフローが推奨されます。

  1. 次のいずれかの方法を使用して、新しい原文の翻訳とキーを追加します。

    • キー管理を使用して、新しいキーをデフォルトの翻訳とともにプロジェクトに追加します。

    • ファイルアップロード(CLI)でキーを追加する。

    • API経由でキーを追加する。

  2. 新しい原文翻訳またはキーがプロジェクトに追加されると、翻訳者はコンテンツをサポートされている言語に翻訳するために作業を開始します。

  3. 翻訳をダウンロードする。

    • アプリケーションから翻訳を必要な形式でダウンロードします。

    • APIまたはCLI経由でファイルをダウンロードします。

  4. マージの矛盾

    マージの矛盾は解決されませんが、最新バージョンの翻訳はプロジェクトからダウンロードされたものです。マージの競合を避け、チームメンバーが最新の翻訳にアクセスできるように、キーをローカル(Phrase外)で翻訳することは避けましょう。

  5. アプリケーションで新しい翻訳をリリースする。

    プロダクション環境でPhraseに接続する必要はありません。プロダクション環境で API を呼び出してローカライゼーションデータを取得することは推奨されていません。

    受け取ったローカライゼーションファイルを、コードリポジトリやプロジェクト内の他のファイルと同様に扱います。

    1. それらをバージョン管理にチェックインします。

    2. アプリケーションに対してテストを実行します(可能な場合)。

    3. ソフトウェアを普通にデプロイしてリリースします。

より複雑でカスタマイズされたワークフローが必要な場合は、Phrase Orchestratorを使用して構築できます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.