翻訳中

Professional翻訳の発注(Strings)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

翻訳を管理する場合、社内で翻訳を提供するか、Phrase翻訳パートナーにProfessional翻訳を発注することができます 。オーダーされた翻訳の価格はオーダー前に表示され、翻訳進捗が追跡され、完了すると通知が送信されます。納期は、翻訳の規模、言語の共通性、提供されたコンテキスト情報の質によって異なります。ほとんどの翻訳は24時間以内に提供されます。

注意

一部のLSPは、米国データセンターでのユーザーデータとオーダーのホスティングをサポートしていません。TextMasterやその他のサードパーティの翻訳者を使用すると、データが米国外に流出する可能性があります。

Gengoは指定されたデータセンター内でデータを保持します。

  • 管理者またはプロジェクトマネージャのみが翻訳をオーダーする権限を持っています。

  • 翻訳するコンテンツはデフォルトロケールである必要があります。

  • 日付型の文字列を持つキーのみが送信できます。キーのデータ型(ブール配列など)が異なると、認識されません。

  • この統合機能は、原文のコピーレビュー(校正など)には使用できません。原文言語は提出前に確定する必要があります。

  • オーダー送信時に未検証Stringsを含めると、訳文言語の既存の翻訳文字列は送信されず 、キーの原文文字列は再翻訳されます。

  • 外部の翻訳者はそのプロセスでPhraseにアクセスできず、組織に保存されている翻訳リソースにアクセスできません。これには、用語ベース翻訳メモリ文書内エディタが含まれます。

  • Strings にプレースホルダー、HTML タグ、ICU などの技術コンテンツが含まれている場合は、このコンテンツの処理方法がブリーフィングまたはスタイルガイドに記載されていることを確認してください。

  • ブランディングと翻訳プロセスの制御が重要な場合は、Advanced TextMaster統合機能を使用してください。

翻訳者が利用できる情報

オーダーにできるだけ多くのメタ情報を追加します。提供される情報が多いほど、翻訳の品質は向上し、納期も短縮されます。

この情報は、オーダーが確定済になると翻訳者に提供されます。

  • キーの説明。

  • キーに添付されたスクリーンショット。

  • キーの原文翻訳。

  • オーダーに添付したスタイルガイドのコンテンツ。

  • オーダープロセス中に入力されたカスタムメッセージ。

  • 最大許容文字数(翻訳キー設定で設定可能)。

翻訳不要箇所をマーク

翻訳オーダー内のテキストは、翻訳を必要としない場合があります(翻訳者のコードブロックやコメントなど)。テキストが変更されないようにし、翻訳者に翻訳の必要がないことを示すには、次のようにテキストを翻訳不要タグ[NOTRANSLATE]で囲みます[/NOTRANSLATE]

翻訳不要箇所のタグを確実に閉じ、除外されたテキストの大きな領域を避ける。翻訳不要のタグはネストできず、すべて大文字で記述しないと正しく検出されません。

翻訳不要のタグはダウンロード時に削除されます。

例:

Professionalの翻訳者が翻訳する文字文字列

こんにちは[NOTRANSLATE]ユーザー名[/NOTRANSLATE]!立ち寄ってくれてありがとう!

翻訳を受け取りました:

Hallo [NOTRANSLATE]ユーザー名[/NOTRANSLATE]!Danke, dass du vorbeischaust!

プレースホルダーを翻訳者にとって翻訳不可能にする

翻訳には、オーダーで翻訳されるプレースホルダーを含めることができます。プレースホルダーが変更されないようにし、翻訳者に翻訳の必要がないことを示すには、プロジェクト設定で適切な プレースホルダー形式を選択します。これにより、選択したファイル形式に一致する認識されたすべてのプレースホルダーが自動的に翻訳不可能としてマークされ、プレースホルダーの検証が納品された翻訳で提供されるようになります。

翻訳オーダープレビューのプレースホルダーは、プレースホルダーの末尾の文字 [[[ 開始時および文字 ]]] でマークされます。

オーダーを作成する

GengoまたはTextMasterからオーダーするには、次の手順に従います。

  1. 任意のプロジェクトからオーダータブを開きます。

  2. 今すぐオーダー翻訳をクリックします。

    プロバイダの選択ページが開きます。

  3. プロバイダを選択し、続けるをクリックします。

    オーダー翻訳ページが開きます。

  4. オーダー詳細を入力し、必要なオプションを選択。

  5. 価格の計算をクリックします。

    価格は概要に表示されます。

  6. 続けるをクリックし、スタイルガイドが作成されていない場合は、もう一度確定します。

  7. オーダー概要が表示され、正しければオーダーの確定と支払いを行います。

PhraseパートナーLSP

PhraseのパートナーLSPに翻訳を発注することは、品質管理と効率性およびスピードの両立を意味します。認定パートナーは、多種多様な翻訳サービスと個別のソリューションのヘルプを提供します。用語間の長期的な関係が構築され、ローカライゼーションと翻訳の品質とスピードが向上します。

このオプションを選択すると、PhraseのパートナーLSPの一覧が評価用に送信されます。他の外部LSPは、Strings内の組織にのみユーザーとして追加できます。

並べ替え

キーの翻訳を再オーダーするには、翻訳オーダーに含める必要のあるロケールのキーのすべての翻訳を Unverify します。新規オーダーの作成時に 未検証翻訳を含める オプションを選択。提供される翻訳は原文言語文字列の新しい翻訳となり、既存の未検証の翻訳は翻訳者には利用できません 。

プロジェクト内の関連翻訳は、翻訳サービスプロバイダによって納品された発注済翻訳のコンテンツに置き換えられます。古い翻訳と納品された翻訳の変更を確認するには、エディタで異なるバージョンを比較します。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.