Orchestrator

ワークフローの作成

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

これはワークフローを作成するサンプルの使用事例であり、この手順のほとんどの側面を網羅しています。

OrchestratorでStringsワークフローを作成する手順は、次のとおりです。

  1. (任意)作業フォルダを作成します。

    1. 作成] メニューから、[フォルダ] を選択します。

      「新規フォルダ」ウィンドウが開きます。

    2. フォルダの名前を入力し、[保存]をクリックします。

      フォルダがワークフロー ページに一覧表示されます。

    3. フォルダ名をクリックして開きます。

  2. ワークフローを作成します。

    1. 作成] メニューの [ワークフロー] を選択します。

      [New Workflow] ウィンドウが開きます。

      必要に応じて、既存の.JSONファイルを添付してワークフローを自動作成できます。概要はファイルから取得されます。

      備考

      2023年10月16日以前にエクスポートされた既存の.JSONファイルは古いため、アップロードして新しいワークフローを作成することはできません。最新バージョンのエクスポート済み .JSON ファイルを使用するには、を再ダウンロードします。

    2. 新しいワークフローの名前説明を入力します。

    3. [Save] をクリックします。

      新しいワークフローが [Workflows] ページにリストされます。

    備考

    一般的なのライブラリは、ワークフローの作成にも使用できます。

  3. ワークフローを定義します。

    1. ワークフロー名をクリックして開いてください。

      [Editor] タブにワークフローが表示されます。

    2. ワークフローが待ち受けるべきイベントを入力します。

      このサンプル手順では、history-orange.svguploads:create イベントが使用されます。このイベントは、Strings プロジェクトでファイルがアップロードされ、処理されると発生します。

      [ワークフロー ブロック]ウィンドウの[イベント]タブから、[アップロード]という言葉を検索します。

      リストされるイベントは、TMS と Strings の両方のウェブフックです。

    3. history-orange.svguploads:create ブロックを最初のワークフローステップにドラッグアンドドロップします。

      ステップが作成され、ウィンドウの右側の「概要」タブに詳細が表示されます。

      ブロックの名前は、通常の言語でブロックの動作を説明するものに変更することができます。

    4. ワークフローにアクションを設定します。この手順のサンプルでは、circle-blue.svgFetch アクセストークンアクションが認証に使用されます (実行時にアクセストークンを取得します)。

      [ワークフロー ブロック]ウィンドウの[アクション]タブから、Phraseを検索します。

      タブにイベントのリストが表示されます。

    5. language-blue.svgFetch アクセストークンアクションブロックを history-orange.svguploads:create trigger の下にドラッグ&ドロップして接続します。

    6. 認証後、機能を提供できます。このサンプル手順では、Stringsプロジェクトのロケールが表示されます。

      [ワークフロー ブロック]ウィンドウの[アクション]タブから、ロケールの一覧を検索します。

      タブにイベントのリストが表示されます。

    7. language-blue.svgList locales アクションブロックを language-blue.svgFetch アクセストークンアクションの下にドラッグ&ドロップして接続します。

    8. この例の目的のために、ロケールのリストをフィルタリングする必要があります。これには、circle-blue.svgTransform JSON with jq アクションが使用されます。

      「ワークフローブロック」ウィンドウの「アクション」タブから、「Transform JSON with jq」を検索します。

    9. circle-blue.svgTransform JSON with jq action block under the List locales action をドラッグ&ドロップして接続します。

    10. これで、ワークフローの結果を使用してジョブを作成できます。ここでは、Strings ジョブを作成します。

      [ワークフロー ブロック]ウィンドウの[アクション]タブから、ジョブの作成を検索します。

    11. work-blue.svgjob action block Transform JSONの下のjq actionに ドラッグアンドドロップして接続します。

    12. すべてのアクションに論理 AND および OR ステートメントで定義された条件を適用して、より多くの出力を生成できます。この例では、 アクションの作成から2つのターゲットロケールが作成 されます。

      circle-blue.svgTransform JSONとjq action blockを 下にドラッグ&ドロップジョブアクションを作成 して接続します。

      ブロックを持つTransform JSON にドラッグ&ドロップジョブアクションを作成して別の ブランチを追加します

      これらのアクションは並行して実行されます。

    13. アクションを作成 すると、 jqアクションのcircle-blue.svgTransform JSON の結果に基づいてロケールが作成されます

      work-blue.svg各circle-blue.svgTransform JSONの下のジョブロケールアクションブロックをjqアクションにドラッグアンドドロップして接続します。

    14. ジョブロケールが作成されると、ジョブを開始できます。

      work-blue.svgwork-blue.svg以下のジョブアクションブロックにドラッグ&ドロップジョブアクションを作成して接続します。 2番目の アクションを作成 し、コネクタ点を にドラッグします。ジョブアクションを開始 します。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.