Orchestrator

ワークフローの設定

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

サンプルワークフローを続行するには、を設定する必要があります。

ブロック設定にアクセスするには、[設定] タブの [パラメータの編集] をクリックするか、ブロックを右クリックして [パラメータの編集] を選択し、[パラメータの編集] ウィンドウを開きます。ブロックにパラメータが設定されると、「パラメータを追加」ボタンが「パラメータを編集」に切り替わります。

この例のブロックを設定するには、次の手順に従います。

  1. language-blue.svgList ロケールアクションの「パラメータを編集」ウィンドウを開きます。

  2. アクセストークンプロジェクトのフィールドは、実行時に解決される動的な値を必要とします。

    1. アクセストークンフィールドのリンクアイコン Orc_link.jpg をクリックし、circle-blue.svgFetch アクセストークンアクションを選択します。

      リンクが緑色に変わり、フィールドを編集できます。

    2. 参照されるトリガーまたはアクションのプロパティにアクセスする構文は次のとおりです。

      {{$.path.to.value}}

      circle-blue.svgFetch アクセス トークンの出力は次のとおりです。

      { "tokens": {"strings_token":"STRINGS_TOKEN", "tms_token":"TMS_TOKEN"} }

      アクセストークンフィールドの{{$.tokens.strings_token}}に必要な式を作成しています。

    3. 「プロジェクト」フィールドのリンクアイコン Orc_link.jpg をクリックし、history-orange.svguploads:create トリガーを選択します。

      リンクが緑色に変わり、フィールドを編集できます。

    4. history-orange.svguploads:create trigger の出力は次のようになります。

      {
        "branch": {
          "name": "my_branch"
        },
        "event": "uploads:create",
        "message": "user-1 initialized file upload file.yml in project name_1672734591_11 within branch my_branch\n",
        "project": {
          "created_at":"2023-01-03 08:29:51 UTC",
          "id": "abcdabcdabcdabcd-11",
          "main_format": "yml",
          "name": "name_1672734591_10",
          "point_of_contact": null,
          "project_image_url": null,
          "slug": "name_1672734591_10",
          "updated_at":"2023-01-03 08:29:51 UTC"
        },
        "upload": {
          "created_at":"2023-01-03 08:29:48 UTC",
          "filename": "file.yml",
          "format": "yml",
          "id": "upload-1",
          "state": "initialized",
          "summary": {},
          "tag": null,
          "updated_at":"2023-01-03 08:29:48 UTC"
        },
        "user": {
          "gravatar_uid":"29a2d1baa67d4ea524cf0f247f7bbb94",
          "id":"9c365b9a6f77c247c3de959f6152b231",
          "name":"Joe Sixpack",
          "username": "user-1"
        }
      }
      

      「プロジェクト」フィールドの{{$.project.id}}に必要な式の作成

    5. [Save] をクリックします。

      Edit parameters] ウィンドウが閉じて、アクションのパラメータが保存されます。

  3. プロジェクトのデフォルトロケールは、work-blue.svgCreate Job アクションに ID を渡してジョブを作成するために必要です。 jqアクションを持つcircle-blue.svgTransform JSON はJSON入力を受け取り、指定されたフィルターを適用して再びJSONを出力します

    1. [ワークフロー ブロック]ウィンドウの[アクション]タブで、phrase-jqを検索します。

      circle-blue.svgTransform JSON with jq action block under the locales action をドラッグ&ドロップして接続します。

    2. Transform JSON with jq アクションの「パラメータを編集」ウィンドウを開きます。

    3. JSON フィールドのリンクアイコン Orc_link.jpg をクリックし、 language-blue.svglist locales アクションを選択します。

      リンクが緑色に変わり、フィールドを編集できます。

    4. JSON フィールドは JSON の入力を取ります。特殊な固定表現($ ではなく @)は、参照されるアクションの出力全体がフィールドに渡されるようにします。

      JSON フィールドに式の{{@.outputs.result}}を入力します。

    5. 「Jq」フィールドのリンクアイコン Orc_link.jpg をクリックし、language-blue.svglist ロケールアクションを選択します。

      リンクが緑色に変わり、フィールドを編集できます。

    6. default プロパティーが true のすべての要素を含む新しいリストを返すロケールリストのフィルタは必須です。

      プロジェクトごとに設定できるデフォルトロケールは1つだけで、リストには識別可能な必須要素が1つあります。この要素は、.[0] 配列構文を使用して直接アクセスされます。

      [Jq] フィールドに式 map(select(.default))|.[0] を入力します。

    7. [Save] をクリックします。

      Edit parameters] ウィンドウが閉じて、アクションのパラメータが保存されます。

  4. work-blue.svgジョブの作成 アクションが設定できるようになり、以前のブロックのパターンが使用されます。

    1. アクセストークンフィールドのリンクアイコン Orc_link.jpg をクリックし、circle-blue.svgFetch アクセストークンアクションを選択します。

      リンクが緑色に変わり、フィールドを編集できます。

      式の{{$.tokens.strings_token}}を入力します。

    2. 「プロジェクト」フィールドのリンクアイコン Orc_link.jpg をクリックし、 language-orange.svguploads:create トリガーを選択します。

      リンクが緑色に変わり、フィールドを編集できます。

      式の{{$.project.id}}を入力します。

    3. 原文ロケール」フィールドのリンクアイコン Orc_link.jpg をクリックし、「Transform JSON with jq」アクションを選択します。

      リンクが緑色に変わり、フィールドを編集できます。

      式の{{@.outputs.result}}を入力します。

    4. 納期はsprig関数で計算できますが、ここではAPIで理解できるハードコード化された日付を使用します。

      Due date] フィールドに、「2023-12-31T12:00:00Z」と入力します。

    5. [Save] をクリックします。

      設定が保存され、[Configure] タブで詳細を表示できます。

  5. すべてのアクションには、論理 AND および OR を組み合わせた 1 つまたは複数の条件を含めることができます。これらの条件は実行時に評価され、アクションとその子は条件がtrueと評価された場合にのみ実行されます。

    work-blue.svgジョブアクションを作成 を選択した状態で、「 条件 」タブの「 条件の編集 」をクリックするか、ブロックを右クリックして「 条件の編集」を選択します。

    Edit conditionals] ウィンドウが開きます。

    1. 前のブロックのパターンに従い、変数フィールドを language-orange.svguploads:create trigger にリンクし、式の{{$.upload.tag}}を入力します。

    2. 最初のドロップダウンリストから NOT を選択して、ステートメントを反転します。

    3. 「比較」ドロップダウンリストから「IsNull」を選択します。

    4. [Save] をクリックします。

      条件は、[Conditions] タブに表示されます。

    タグがアップロードに含まれていない場合(新規/更新されたキー/翻訳がなかった場合)、この時点でワークフローは停止します。

  6. ジョブに訳文ロケールが必須になりました。この例では、スペイン語(es-ES)用とドイツ語(de-DE)用の2つのロケールを作成します。ステップ3と同様に、「パラメータを 編集 」ウィンドウの jqアクションを持つ2つのTransform JSON にロケールが追加されます。

    1. 両方のアクションの「JSON」フィールドに式{{@.outputs.result}}を入力し、 language-blue.svgList locales アクションにリンクしてパラメータを保存します。

    2. 1 つのアクションの Jg フィールドに、式 map(select(.name == "es-ES"))|.[0] を入力し、language-blue.svgList ロケールアクションにリンクします。

      パラメータを保存します。

    3. 2 番目のアクションで、式 map(select(.name == "de-DE"))|.[0] を入力し、 language-blue.svgList locales アクションにリンクします。

      パラメータを保存します。

  7. ロケールがジョブ作成に適用されます。

    2 つの work-blue.svg を設定します。前に定義したのと同じパターンでジョブロケールアクションを作成します。

  8. これでジョブを開始できます。

    設定する前に定義したのと同じパターンでジョブアクションを開始 します。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.