統合機能

Jira (Strings)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

対象

  • チーム、プロフェッショナル、ビジネス、エンタープライズプラン

ライセンスについては、営業部門にお問い合わせください。

対象

  • AdvancedプランとEnterpriseプラン(レガシー)

ライセンスについては、営業部門にお問い合わせください。

Jiraチケットは、関連するStringsジョブに従って作成・更新されます。StringsジョブのコメントはJiraチケットにも反映されます。

Jiraチケットでカスタム必須フィールドを使用している場合、このインテグレーションを使用してチケットを作成することはできません。まずJiraでチケットを作成し、URLをジョブドラフトに貼り付ける必要があります。

備考

Stringsはクラウド版のJiraとStoryの問題のみをサポートしています。他のタイプのJira発行には、サポートされていない追加の必須フィールドが必要です。

既存のJiraチケットのジョブ更新

インテグレーションの実施に伴い、[ジョブの更新]ページで翻訳またはレビューが必要な既存のJiraチケットのURLを入力できるフィールドが使用可能になりました。

翻訳とレビューの両方のタスクでJiraチケットが1つだけの場合は、両方の入力フィールドにURLを入力します。このジョブのステータス更新は、対応するチケットに同期されます。

前提条件

  • 少なくとも1つのアクティブなプロジェクトとボードを持つJiraアカウントにログインします。

セットアップ

インテグレーションを設定するには、次の手順に従います。

  1. インテグレーションのページから、Jiraインテグレーションまでスクロールし、設定をクリックします。

    Jira認証ページが開きます。

  2. 承諾」をクリックして、プロジェクト内の問題の作成を認可します。

Jiraチケットの生成

生成されたJiraチケットは翻訳またはレビュージョブに基づいています。作成するチケットのジョブには、少なくとも1人の翻訳者またはレビュワーを割り当てる必要があります。

Jiraチケットを生成する手順は、次のとおりです。

  1. インテグレーションのページから、Jiraインテグレーションまでスクロールし、設定をクリックします。

    Jira Integrationの設定ページが開きます。

  2. ドロップダウンリストからJiraプロジェクトを選択します。

  3. ドロップダウンリストからPhraseプロジェクトを追加します。

  4. Jiraチケットの作成をトリガーするジョブイベントのタイプを選択します。

  5. Jiraチケットが作成されるジョブのタイプを選択してください。

  6. [Save] をクリックします。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.