統合機能

GitLab (Strings)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

ヒント

Phrase TMS での GitLab の統合については、GitLab (TMS) を参照してください。

前提条件

  • .phrase.yml設定ファイルが、監視対象のブランチのルートに存在する必要があります。ファイルは、リポジトリからインポート(プル)またはエクスポート(プッシュ)するファイルを定義します。

  • リポジトリには読み取りアクセスと書き込みアクセスが必要です。

  • 設定ファイルの定義が誤っていると、エラーが発生する可能性があります。ファイルに少なくとも1つのプッシュターゲットと1つのプルターゲット、正しいファイル形式、およびupdate_translationsパラメータの設定が含まれていることを確認してください。

  • API の互換性を確保するには、GitLab 9.5 以降を使用してください。

リポジトリの接続

設定ファイルを設定したら、以下の手順でリポジトリを接続します。

  1. インテグレーションページから、GitLab Syncコネクタまでスクロールし、設定をクリックします。

    GitLab Syncページが開きます。

  2. Add GitLab Syncをクリックします。

    GitLab Syncの設定ウィンドウが開きます。

  3. ドロップダウンリストからプロジェクトを選択します。

    GitLab Syncの設定が表示されます。

  4. オプションで、GitLab セルフホストを選択し、GitLab セルフホスト API エンドポイントを指定します。

  5. オプションで、[Enable auto import from GitLab]を選択して、選択したGitLabブランチにコミットごとにファイルをインポートします。

  6. APIスコープを持つ個人用アクセストークンを提供します。

  7. ドロップダウンリストからGitLabプロジェクトを選択します。

  8. インポート (プッシュ) およびエクスポート (プル) 元のプロジェクトブランチをドロップダウンリストから選択します。これは通常マスターブランチです。

  9. [Validate Configuration] をクリックして、アクセス トークンと設定ファイルが正しいことを確認します。

  10. [Save] をクリックします。

    プロジェクトが選択されたGitLabリポジトリに接続され、リストに追加されました。

ファイルのインポートとエクスポート

ファイルをインポートするには

  • GitLab Syncページからプロジェクトを選択し、Importをクリックします。

    選択したプロジェクトにGitLabデータがインポートされました。

ファイルをエクスポートする手順は、次のとおりです。

  1. GitLab Syncページからプロジェクトを選択し、Exportをクリックします。

    リポジトリ内の最新のファイルが新しいプルリクエストとしてエクスポートされます。

  2. ファイルをエクスポートすると、プルリクエストをリポジトリ内でマージまたはクローズしたり、ブランチを削除したりできます。

履歴

GitLab Syncは、各Phrase Stringsプロジェクトの最新インポートおよびエクスポートの履歴を保持します。

履歴を表示するには:

  • GitLab Syncページからプロジェクトを選択し、履歴をクリックします。

    プロジェクトのインポートとエクスポートの履歴が表示されます。履歴のエクスポートエントリには、対応するマージリクエストへのリンクが含まれます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.