統合機能

GitHub (Strings)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

ヒント

Phrase TMSでのGitHubの統合については、GitHub (TMS)を参照してください。

前提条件

  • .phrase.yml設定ファイルが、監視対象のブランチのルートに存在する必要があります。ファイルは、リポジトリからインポート(プル)またはエクスポート(プッシュ)するファイルを定義します。

  • リポジトリには読み取りアクセスと書き込みアクセスが必要です。

  • 設定ファイルの定義が誤っていると、エラーが発生する可能性があります。ファイルに少なくとも1つのプッシュターゲットと1つのプルターゲット、正しいファイル形式、およびupdate_translationsパラメータの設定が含まれていることを確認してください。

  • リポジトリの範囲に対する GitHub アクセストークン (パブリックリポジトリと同期する場合は public_repo)。

  • GitHubでSSOが有効になっている場合は、アクセストークンでもSSOが有効になっている必要があります。

  • phrase_translations ブランチは保護できません。

  • リポジトリの設定に署名付きコミットが不要であることを確認してください。

備考

継続的な改善のため、ユーザーインターフェースが動画と完全に同じではない可能性があります。

リポジトリの接続

設定ファイルを設定したら、以下の手順でリポジトリを接続します。

  1. [Integrations]ページから、GitHub Syncコネクタまでスクロールし、[Configure]をクリックします。

    Repo Syncs ページが開きます。

  2. Add Sync/GitHubをクリックします。

    GitHub同期設定ウィンドウが開きます。

  3. ドロップダウンリストからプロジェクトを選択します。

  4. オプションでセルフホストインスタンスを選択し、GitHubセルフホストAPIエンドポイントを入力します。

  5. APIスコープを持つ個人用Repoアクセストークンを提供する。

  6. ドロップダウンリストからGitHubリポジトリを選択します。

  7. インポート (プッシュ) およびエクスポート (プル) 元のリポジトリブランチをドロップダウンリストから選択します。これは通常マスターブランチです。

  8. [Validate Configuration] をクリックして、アクセス トークンと設定ファイルが正しいことを確認します。

  9. オプションで自動インポートを選択すると、選択したGitHubブランチにコミットごとにファイルがインポートされます。

  10. [Save] をクリックします。

    プロジェクトが選択されたGitHubリポジトリに接続され、リストに追加されました。

ファイルのインポート

ファイルをインポートするには

  • Repo Syncsページでプロジェクトを選択し、Importをクリックします。

    言語ファイル(設定ファイルでプッシュ原文として定義)がプロジェクトにインポートされます。

    デフォルトのロケールである必要があります。

    備考

    インポート時に問題が生じた場合は、CLI クライアントを使用して .phrase.yml コンフィギュレーション ファイルをローカルでテストし、エラー メッセージがないか確認してください。

    必要に応じて、Phrase テクニカルサポートに問い合わせ、サポートリクエストに .phrase.yml 設定ファイルを添付してください。

エクスポートファイル

ファイルをエクスポートするには

  1. Repo Syncsページでプロジェクトを選択し、Exportをクリックします。

    リポジトリ内の最新の言語ファイルが新しいプルリクエストとしてエクスポートされます。

  2. ファイルをエクスポートすると、プルリクエストをリポジトリ内でマージまたはクローズしたり、ブランチを削除したりできます。

備考

エクスポート時に問題が生じた場合は、CLI クライアントを使用して .phrase.yml コンフィギュレーション ファイルをローカルでテストし、エラー メッセージがないか確認してください。

必要に応じて、Phrase テクニカルサポートに問い合わせ、サポートリクエストに .phrase.yml 設定ファイルを添付してください。

履歴

レポ同期は、各Phrase Stringsプロジェクトの最新インポートおよびエクスポートの履歴を保持します。

履歴を表示するには:

  • [Repo Syncs]ページでプロジェクトを選択し、[History]をクリックします。

    プロジェクトのインポートとエクスポートの履歴が表示されます。履歴のエクスポートエントリには、対応するマージリクエストへのリンクが含まれます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.