翻訳中

ウェブサイト翻訳(Strings)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

Strings用Play Framework

Play FrameworkはJavaとScalaのためのHigh Velocity Web Frameworkです。

アプリケーションを準備する

ローカライゼーションファイルが正しくフォーマットされており、Play PropertiesがUTF-8エンコードを使用していることを確認してください。

次の手順でアプリケーションを準備します。

  1. 必要な言語を application.conf に追加します。優先順位はロケールの降順で設定されます (en が最も重要、de second など)。

    application.langs="en,de,fr"
  2. messages.enmessages.de、および messages.fr ファイルを conf/ フォルダに追加します。

例:

# マイソフトウェアプロジェクト(説明)
project.name=Some Name
title1=AwesomeApp

# タイトルが足りない!
more_titles=Another Title

Strings の Rails for Ruby i18n

Rails for Ruby i18n を使用するには、次の手順に従います。

  1. 最新の クライアント をダウンロードし、 セットアップ手順に従います。

  2. プロジェクト構成を初期化するには、次の指示に従ってください。

    $ phrase init

    プロジェクトの原文と訳文を設定する手順は、次のとおりです。ロケールファイル形式として .yml を選択します。

  3. 既存のローカライゼーションファイルがデフォルトの./config/localesに格納されている場合は、pushコマンドでデータをアップロードします。

    $ phrase push

    原文パスで見つかったすべての既存のローカライゼーションファイルがプロジェクトにアップロードされます 。既存の翻訳がPhrase内になり、新しい言語やキーを追加できます。

  4. pullコマンドで訳文をプロジェクトにダウンロードします。

    $ phrase pull

オプション:

  • カスタムロケールダウンロードディレクトリを国際化ロードパスに追加する

    ローカライゼーション ファイルを ./config/locales 以外のフォルダにダウンロードする場合は、新しいローカライゼーション ファイルがアクセスできるようにアプリケーションの i18n ロード パスを設定します。

    application.rb または development/staging/production.rb を開き、設定を追加します(ローカライゼーションファイルが ./custom/locales にダウンロードされることを前提としています)。

    config.i18n.load_path += Dir[Rails.root.join('custom', 'locales', '**', '*.yml').to_s]group :staging, :development do
      gem 'phraseapp-ruby'
    終了

    アプリケーションを再起動すると、新しくダウンロードしたファイルが表示されます。

  • phraseapp-ruby gem をインストールします

    APIを使用してカスタムワークフローを記述する場合は、app-ruby gemというフレーズを使用します。

    フレーズapp-ruby gemをGemファイルに追加してアプリケーションに追加します。

    group :staging, :development do
      gem 'phraseapp-ruby'
    終了

    bundle コマンドを使用してインストールします。

    $ bundle install

Strings の Ruby Motion

RubyMotion は、iPhone、iPad、Mac、Android アプリを Ruby で作成する iOS、OS X、Android 開発用のツールチェーンです。

 phraseapp-rubymotion gem は、RubyMotion アプリケーションを国際化ワークフロー (iOS) プロジェクトに活用します。

Gem をインストール

以下の手順で gem をインストールします。

  1. bundlerを使用して、phraseapp-rubymotion gemをプロジェクトに追加します。

    gem 'phraseapp-rubymotion'

    手動で行うことも可能です。

    $ gem install phraseapp-rubymotion
  2. Rakefile に gem が必要です。

プロジェクトを初期化する

アクセストークンとプロジェクトIDをアプリケーションRakefileに追加します。

Motion::Project::App.setup do |app|
  app.name = "Test Application"
  app.development do
    app.phraseapp do
      app.phraseapp.enabled = true
      app.phraseapp.access_token = "YOUR_ACCESS_TOKEN"
      app.phraseapp.project_id = "YOUR_PROJECT_ID"
    終了
  終了
終了

プロジェクトのプロジェクトIDはプロジェクト設定にあります。

使用

phraseapp-rubymotion gem を使用すると、新しい翻訳を Localizable.strings ファイルに書き込んでアップロードすることなく、API 経由で自動的に送信できます。

文字列のローカライズ

すべての文字列をローカライズ対象文字列で拡張します。phraseapp-rubymotion で実装されている各文字列に対して #__ メソッドを呼び出します。

"Hello World"

以下になります。

"Hello World".__

予備翻訳を使用する場合:

"Hello World".__("My fallback translation")

汎用キー名も使用できます。

"HOME_WELCOME_BUTTON_LABEL".__
API通信

アプリを(シミュレーターで)ビルドして実行します。開発モードでは、phraseapp-rubymotionはすべてのローカライズされた文字列を自動的に送信し、新しく作成されたキーとして表示されます。ローカライゼーションファイルが正しく配置されていれば、翻訳も送信されます。

翻訳が完了したら、アプリにバンドルします。コマンドラインクライアントを使用して、すべての翻訳を API から取得し、RubyMotion プロジェクトに保存できます。

翻訳の取得手順は、次のとおりです。

  1. CLI(コマンドライン クライアント)をインストールします。

  2. プロジェクト用にCLIを設定します。

    $ phrase init

    必要な手順を完了して、プロジェクトのソースとターゲットを設定します。ロケールファイル形式として文字列を選択します。

  3. ローカルファイルをダウンロードします。

    翻訳が完了したら、pullコマンドでデータをプロジェクトにダウンロードします。

    $ phrase pull

    既存のすべてのローカルファイルをプロジェクトにアップロードするには

    $ phrase push
この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.