サポートするファイル形式(Strings)

.CSV (Strings)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

ファイル拡張子

.csv

API 拡張

csv

インポート

はい

エクスポート

はい、CLI/API以外

複数形のサポート

はい

説明のサポート

はい

フォーマットオプション

locale_mapping

key_index

comment_index

tag_column

max_characters_allowed_column

column_separator

quote_char

header_content_row

enable_pluralization

export_tags

export_max_characters_allowed

custom_metadata_columns

CSV(カンマ区切り形式)は、主にさまざまなアプリケーションやプログラムでデータ転送に使用される一般的な ファイル形式 です。CSVファイルでは、各行がデータレコードになります。各レコードは、コンマで区切られた少数のフィールドで構成されます。 インポートする前に、CSVファイルに原文コンテンツ、翻訳、コメント(オプション)を表す3つのフィールドが1行にあることを確認してください。

フォーマットオプション

識別子

locale_mapping

タイプ

ハッシュ

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

[任意]

説明

各ロケール名を、それに含まれる列インデックスにハッシュマッピングします。列インデックスは1から始まります

識別子

key_index

タイプ

integer

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

[空欄]

説明

キー名を含む列のインデックス。列インデックスは1から始まります。

識別子

comment_index

タイプ

integer

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

[空欄]

説明

キーの説明を含む列のインデックス。列インデックスは1から始まります。

識別子

tag_column

タイプ

integer

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

[空欄]

説明

キーのタグを含む列のインデックス。列インデックスは1から始まります。

識別子

max_characters_allowed_column

タイプ

integer

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

[空欄]

説明

キーの最大文字数を含む列のインデックス。列インデックスは1から始まります。

識別子

column_separator

タイプ

文字列

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

,

説明

列を区切るために使用される文字。

識別子

quote_char

タイプ

文字列

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

"

説明

改行と列の区切りを引用するために使用する文字。

識別子

header_content_row

タイプ

ブール

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

False

説明

最初の行がヘッダー情報のみを含み、スキップするかどうかを示します。

識別子

enable_pluralization

タイプ

ブール

アップロード

はい

ダウンロード

いいえ

デフォルト

True

説明

複数化されたキーの検出を有効にします。一致するキーはすべて複数化されたキーとして保持されます。

識別子

export_tags

タイプ

ブール

アップロード

いいえ

ダウンロード

はい

デフォルト

False

説明

タグをキーや翻訳と一緒にエクスポートします。

識別子

export_max_characters_allowed

タイプ

ブール

アップロード

いいえ

ダウンロード

はい

デフォルト

False

説明

キー文字数制限とキーおよび翻訳をエクスポートします。

識別子

custom_metadata_columns

タイプ

ハッシュ

アップロード

はい

ダウンロード

はい

デフォルト

[空欄]

説明

インポートまたはエクスポートする必要のあるカスタムメタデータ値のHashMap:

  • Key = Phrase Stringsで定義されたカスタムメタデータプロパティの名前。

  • 値 = 列インデックス (123 など)。プロパティがインポート ファイル内にあり、プロパティがエクスポート ファイル内にある必要があります。

コードサンプル

boolean_key,"--- true
"
empty_string_translation,""
key_with_description,Check it!このキーには説明があります!(少なくともいくつかのファイル形式で)、これはこのキーの素晴らしい説明です!
key_with_line-break,"This translations contains
a line-break."
nested. deeply.key , " わあ、このキーはさらに深くネストされています。"
nested.key,このキーは名前空間内にネストされています。
null_translation,
pluralized_key.one、「1匹の子猫しか見つかりませんでした。」
pluralized_key.other,"わあ、%s匹の子猫がいるね!"
pluralized_key.zero,"子猫はいません。"
sample_collection,"---
- 最初の項目
- 番目の項目
- 第三項目
"
simple_key,シンプルなメッセージが入ったシンプルなキーです。
unverified_key,この翻訳はまだ検証されておらず、待機します。(一部のファイル形式では、このステータスもエクスポートします)boolean_key,"--- true"empty_string_translation,""key_with_description,Check it out!このキーには説明があります!(少なくとも一部のファイル形式では)、このキーには驚くべき説明があります!key_with_line-break,"この翻訳には改行が含まれています。"nested. deeply.key,"Wow, このキーは更に深くネストされています。"nested.key,このキーは名前空間内にネストされています。null_translation,pluralized_key.one,"pluralized_key.other,"Wow, you have%s kittens!"pluralized_key.zero,"You have no kittens."sample_collection,"----最初の項目- 2番目の項目- 3番目の項目"simple_key, Just a simple key with simple message.unverified_key,この翻訳はまだ検証されておらず、完了を待ちます。(一部のファイル形式では、このステータスもエクスポートされます)

ファイル構造

典型的なCSVファイル構造:

1(キー列)、2(翻訳列)、3(コメント列)
app_title、My Software Project、This is the main title
Apples.zero, one apple, my comment
...

設定例

.CSVファイル用の.phrase.ymlのプッシュセクションの例:

push:
    原文:
        - file: "./multi.csv"
          パラメータ:
              update_translations: true
              locale_mapping:
                  en:2
                  de:3
              format_options:
                  comment_index:4
                  tag_column:5

複数形

このファイル形式では、名前付きのカテゴリを使用してキーの複数形を特定します。以下のカテゴリは複数形に対応しています。

.zero | .one | .two | .few | .many | .other

複数形化されたキーを正しく識別、持続、標記するための名前の例:

  • inbox.messages.notification.one

  • inbox.messages.notification.other

ファイルは以下の構造に従う必要があります。

1(キー列)、2(翻訳列)、3(コメント列)
messages.zero, No messages received,
messages.one, One message received,
messages.other、%s 件のメッセージを受信しました
この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.