Orchestrator

実行

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

ワークフローが実行されると、レコードが保存され、[実行] タブで表示できます。

すべての実行には、リビジョン番号、ステータス、開始時刻および期間とともに表に示されるIDがあります。実行をクリックすると、タスクレベルでの実行の詳細が表示されます。

モニタリング実行

ワークフローの実行を監視して、進捗状況を確認したり、発生する可能性のある問題を調査することができます。

左側のメニューで [Monitoring] を選択すると、各実行の詳細情報が示されたテーブルが表示される [Monitoring] ページが表示されます。

  • 実行ID:各実行の一意の識別子。

  • ステータス:実行に成功したか、問題が発生したかを示します。

  • ワークフローID:関連するワークフローを特定します。

  • ワークフロー名:ワークフローの名前を指定します。

  • リビジョンID:ワークフローのバージョン識別子を提供します。

  • リビジョン名:ワークフローバージョンの名前を指定します。

  • 期間:実行の経過時間を表示します。

  • 開始時刻:実行が開始された日時が表示されます。

実行を検索

ページ上部の検索フィールドに用語を入力すると、テーブルがフィルタリングされ、指定したキーワードを含む実行結果のリストが表示されます。検索はテーブル内の利用可能なすべての列に適用されます。

検索結果を絞り込み、特定の列にのみ検索を適用するには、コロンで区切られた検索語の前に列名を指定します。たとえば、「 workflow_name: tabbed 」と入力すると、「tabbed」を含む名前のワークフローのリビジョンのみが検索されます。

ステータスで実行をフィルタリング

モニタリング」ページには、「フィルタ filter_blue.jpeg」ドロップダウンメニューで選択できるステータスフィルタの範囲が表示されます。

  • 成功:タスクを正常に完了した実行者。

  • 実行中:現在進行中の実行。

  • 失敗しました:実行中に問題が発生した実行。

複数のステータスを同時に選択できます。フィルターを検索クエリと組み合わせて使うことで、結果を微調整し、特定のステータスの実行にのみ焦点を当てることもできます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.