Orchestrator

配列

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

配列はOrchestratorのワークフローでよく使用されるデータ構造で、トリガーやアクションをソースにすることができます。

配列はOrchestratorのワークフローで強力なツールであり、配列から値を抽出する方法を理解することは重要です。トリガー、アクション、変数のどれを使っても、配列で特定の値を参照できるようにすることで、より効率的かつ効果的なワークフローを構築できます。

トリガーでの配列の使用

トリガーを使用する場合は、特定の配列値でフィルタリングして設定します。

トリガーに次のデータがあるとします。

{
  "locales": [
    {"name": "de"},
    {"name": "en"},
    {"name": "fr"}
  ]
}

トリガー ペイロードにロケール名の配列が含まれる場合は、最初のロケール名が de のときにだけワークフローをトリガーするトリガー フィルタを作成します。これを行うには、String Equals コンパレータを使用して、値に{{ $.data.locales.0.name }}を入力します。配列内のインデックスはピリオドで区切られています。

アクションでの配列の操作

アクションが配列を返し、次のアクションでその配列から特定の値を動的に使用する必要がある場合は、適切なインデックスを使用して値を参照します。

例として、アクションはトリガーの例と同じデータを返します。配列から最初のロケール名を抽出するには、 {{ $.locales[0].name }} を入力します。配列内のインデックスは角括弧で区切られます。パスにもデータがありません。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.