管理

双方向テキスト(TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

文書内のテキストが左横書き(LTR)と右横書き(RTL)の両方になっているものは、双方向とみなされます。

例:

英語の単語をアラビア語のテキストに含めること。英語の単語は左から右に読み、残りのテキストは右から左に読みます。

  • RTL言語は完全にサポートされています。

  • LTRとRTLのテキストはエディタ上で自動的に認識されます。

  • ニュートラルテキスト(数字、スペース、ドットなど)をRTLまたはLTRにする手順は、次のとおりです。

    1. エディタで、標記するテキストを選択します。

    2. 「編集」メニューから、「シンボルを挿入」を選択します。

    3. Left-to-Right Mark](CTRL + ALT + SHIFT + L)または [Right-to-Left Mark](CTRL + ALT + SHIFT + R)を選択します。

      選択したテキストに指定マークが付き、[フォーマット] メニューの [非表示文字を表示] がオンになっていると、ターゲットでマーキングを表示できます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.