ファイルインポートの設定

.MD - Markdown (TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

ファイル形式

  • .MD

  • .MARKDOWN

インポートオプション

  • Flavor 

  • ハード改行で新しいセグメントを作成 

  • ホワイトスペースを維持 

    訳文ドキュメントと同じ空白箇所構造(間隔、改行など)を保持します。

  • Process YAML header 

    YFMを処理します。選択すると、.YAML インポート設定が適用されます。

  • コードブロックをインポート 

    翻訳するコードブロックの内容を抽出します。

  • コード要素を除外 

  • Phrase TMSタグに変換 

    正規表現を使用して、指定されたテキストをタグに変換します。

  • カスタム要素(Phraseタグに変換) 

    タグに変換するファイル内の要素を定義します。

  • 翻訳不要ブロック 

    インポートしないセクションをファイル内で定義します。

    例:

    要素名:notrans

    コード: <notrans>Chrysler</notrans>は1985年のイベントに3つの出荷時に準備された<notrans>ダッジシャドウ</notrans>をエントリーしました。3日間のラリー<notrans>オリンパス</notrans>の初日に3台ともリタイヤ。

    結果:クライスラー は、1985年に工場で準備された3台のダッジシャドウ に参加しました。3台の車両はすべて3日間のオリンパス ラリーの初日にリタイアしました。

  • 文字をエスケープしない 

    訳文完成ファイルでエスケープ処理を行わない文字のリスト(#-[<\`![](:)など)。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.