ファイルインポートの設定

.PO - gettext (TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

PO gettext は、多言語プログラムの作成に一般的に使用される国際化およびローカライゼーション(i18n)システムです。

同じソースを識別する場合、QA チェックではコンテキストキーだけが考慮されます。

有効な.POファイルはバイリンガルです。msgidは原文を、msgstrは訳文を含みます。

例:

#: src/name.c:36
msgid "My name is %s.\n"
msgstr "Je m'appelle %s.\n"

ファイル形式

  • .PO

サポートされているプレースホルダー形式

  • c-format

  • objc-format

  • sh-format

  • python-format

  • python-brace-format

  • elisp-format

  • librep-format

  • scheme-format

  • smalltalk-format

  • java-format

  • csharp-format

  • awk-format,

  • object-pascal-format

  • ycp-format

  • tcl-format

  • perl-format

  • perl-brace-format

  • php-format,

  • gcc-internal-format

  • gfc-internal-format

  • qt-format

  • qt-plural-format

  • kde-format

  • boost-format

  • lua-format

  • javascript-format

インポートオプション

  • ICUメッセージの解析

    ICUメッセージは自動的にタグに変換されます。ICUメッセージを含むファイルにインライン要素を含めることはできません。

  • 複数行の文字列をエクスポート

    デフォルトで選択され、エクスポートされた .PO ファイルに実際の改行を追加することで、\n タグの .PO ファイルの処理を改善します。

  • Phrase TMSタグに変換 

    正規表現を使用して、指定されたテキストをタグに変換します。

  • セグメントPO

    セグメンテーションルールは、原文要素と訳文要素内のテキストをセグメンテーションするために使用されます。

  • HTML サブフィルターを使用 

    ファイル内のHTMLタグをインポートします。タグは、.HTML ファイルのインポート設定で使用できます。

  • コンテキストキーを次のように設定

    msgstr に追加され、TM のコンテキストとして保存されるコンテキストキー情報を選択します。

  • 翻訳必要インライン要素 - 翻訳不要インライン要素

    タグに変換して翻訳可能か翻訳不要かを指定するサブフィルターフィールド。

  • インポートセグメントルール

    ファジーかどうかの確認を設定します。

  • エクスポート属性マッピング

    あいまいステータスまたはあいまいでないステータスに基づいてエクスポート属性を設定します。

複数形

PO Gettext では、複数形のローカライゼーションが可能です。

PO GNU Gettextは整数を含む複数形のみサポートしています。1.5 ポイントなどの 10 進数形式には対応していません 。

  • 元のファイルには、msgid_plural 文字列と単数形の msgid が含まれている必要があります。

  • 複数形の生成には、ファイルのヘッダーに定義された複数形ルールの仕様(数式)が使用されます。特に指定のない場合は、訳文言語に基づく標準の Unicode CLDR 複数ルールがジョブのインポートに使用されます。

  • 複数形機能を正しく使用するために、ファイルはセグメントキーコンテキストでインポートする必要があります。

  • 訳文ロケールとセグメントの複数形は、セグメントのコンテキストキーとして使用され、TMに保存されます。

  • 文字列 msgctxt が元のファイルに含まれている場合は、セグメントのコンテキストキーに追加され、TM に保存されます。コンテキストノートウィンドウにも表示されます。msgctxt が空の場合は、msgstr キーワードだけが使用され保存されます。

1.PO Gettext ファイルで複数形が指定されていません

ドイツ語とアラビア語にインポートした場合、ドイツ語の訳文ファイルは複数形が2つだけですが、アラビア語の訳文ファイルは6つになります。各訳文言語には正しい複数形ルールが自動的に使用され、ジョブは言語固有の複数形数でインポートされます。

msgid ""
msgstr ""
"MIME-Version:1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding:8bit\n"

#:ui/gui/409
msgctxt "GUI|Installation"
msgid "%d _storage device selected"
msgid_plural "%d _storage devices selected" 

2ヘッダーのチェコ語の複数形ルールを指定しました

このファイルは、ドイツ語やアラビア語にインポートしても常に3つの複数形になります。

msgid ""
msgstr ""
"MIME-Version:1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding:8bit\n"
"Plural-Forms: nplurals=3; plural=(n==1 ?0 : n>=2 && n<=4 ?1 :2);\n""Language: cs\n"
#:ui/gui/409
msgctxt "GUI|Installation"
msgid "%d _storage device selected"
msgid_plural "%d _storage devices selected" msgstr[0] ""msgstr[1] ""msgstr[2] "" 

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.