統合機能

Amazon S3 (TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

対象

  • チーム、プロフェッショナル、ビジネス、エンタープライズプラン

ライセンスについては、営業部門にお問い合わせください。

対象

  • チーム、アルティメット、エンタープライズプラン(レガシー)

ライセンスについては、営業部門にお問い合わせください。

Amazon S3(Amazon Simple Storage Service)は、ウェブサービスインターフェースを介してオブジェクトストレージを提供するサービスです。Amazon S3はあらゆるタイプのオブジェクトの保存に使用できるため、インターネットアプリケーション、バックアップとリカバリ、ディザスタリカバリ、データアーカイブ、分析のためのデータレイク、ハイブリッドクラウドストレージなどの用途で使用できます。

接続すると、ログインしているユーザーがアクセスできるすべてのバケットにアクセスが与えられます。

使用事例

コネクターにはいくつかの使用事例があります。

  • プロジェクトマネージャは、ファイルをオンラインリポジトリから直接プロジェクトに追加することができます。

  • サブミッターポータルを設定して、サブミッターがオンラインリポジトリから直接リクエストにファイルを追加できるようにします。

  • プロジェクトの自動作成(APC)を使用して、監視対象のファイルまたはフォルダに最終更新日の変更が検出されると、新しいプロジェクトが自動的に作成されます。

    • 選択したファイルは、APCの初回実行時にインポートされます。フォルダがモニタリングされると、すべてのファイルがインポートされます。

    • 絶対パス設定に対応しています。

  • 選択したファイルの変更が監視されるように継続ジョブを設定します。

Amazon S3設定

  1. AWS コンソールにログインします。

  2. 識別とアクセス管理(IAM)に移動します。

  3. アクセスするユーザーを選択します。

  4. Security credentials] タブをクリックします。

  5. Create access key をクリックします。

    Create access key] ウィンドウが開きます。

  6. アクセスキーIDシークレットアクセスキーの両方をコピーします。ISとキーはPhraseの設定で使用されます。

最小権限設定には、次のアクションが含まれている必要があります。

  • s3:PutObject

  • s3:GetObject

  • s3:ListAllMyBuckets

  • s3:ListBucket

Phrase TMS設定

  1. Settings Setup_gear.png ページから、Integrations セクションまで下にスクロールします。

  2. Connectors をクリックします。

    コネクタ」ページが開きます。

  3. [New] をクリックします。

    作成」ページが開きます。

  4. アクセスキーIDを入力します。

  5. 秘密アクセスキーを入力します。

  6. [Test connection] をクリックします。

    • 成功すると、[Test connection] ボタンの横に小さなチェックマークが表示されます。

  7. [Save] をクリックします。

    コネクターが「コネクター」ページのリストに追加されます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.