ファイルインポートの設定

カスタムファイルタイプ (TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

拡張マークアップ言語 (TMS).XML.TXT.HTML または Object Notation (TMS).JSON に基づくカスタムファイルタイプは、ファイル名と拡張子によって自動的に検出され、インポートされます。定義が完了すると、ジョブ作成時にそのファイルタイプを一括でインポートできます。

カスタムファイルタイプを追加する手順は、次のとおりです。

  1. 設定 Setup_gear.pngページで、プロジェクト設定セクションまでスクロールし、カスタムファイルタイプをクリックします。

    カスタムファイルタイプのページが開きます。

  2. 作成をクリックします。

    カスタムファイルタイプ作成ページが開きます。

  3. 名前ファイル名、拡張子とファイルの種類を入力します。

    特定のファイル名を指定すると、その名前と拡張子に一致するファイルのみがインポートされます。

    例:

    this_file.flpglはこの特定の名前のファイルのみをインポートします。

    .*flpglは、.flpgl拡張子を持つファイルをインポートします。

  4. ファイルタイプの横にある設定_expand.pngをクリックして、デフォルトのインポート設定を指定します。

  5. 文字セットの横にあるSettings_expand.pngをクリックして、必要に応じてエンコードを定義します。

  6. 作成をクリックします。

  7. 定義がカスタムファイルタイプの一覧に追加されます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.