統合機能

Drupal (TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

利用可能期間(2024年)

  • ビジネスプランとエンタープライズプラン

ライセンスについては、営業部門にお問い合わせください。

対象

  • アルティメットプランとエンタープライズプラン(レガシー)

ライセンスについては、営業部門にお問い合わせください。

サポートされているバージョン

TMGMT用のPhrase翻訳プラグイン(翻訳管理ツール)はDrupal 7とDrupal 8/9/10の両方をサポートしています。TMGMTモジュールがサポートするすべてのDrupalテキスト要素の翻訳に使用できます。

備考

一部のHTMLタグにはリスクがあり、CATエディタはプレビューを表示する際にこれらのタグをHTMLから削除します。これはユーザーのデータプライバシーとセキュリティを確保するためです。

削除されるタグには、FORMIFRAMESCRIPTSVGVIDEOEMBEDOBJECT、background-image CSS プロパティーなどがあります。

Phrase TMS設定

  1. Settings Setup_gear.png ページから、Integrations セクションまで下にスクロールします。

  2. Connectors をクリックします。

    コネクタ」ページが開きます。

  3. [New] をクリックします。

    作成」ページが開きます。

  4. ホストを入力します。

    Drupal インストールのホスト アドレスを使用します(例:http://drupal-9.kos.phrase.com/)。

    ドメイン名は、イントラネットドメインではなく、外部で解決できる必要があります。

  5. ユーザー名とパスワードを入力します。

  6. ページ HTML 内のリンクを変更するには、正規表現URL 書き換えルールを指定します。

    例:

    完全なロケールコードを https://example.org/en-us/images/sample.jpg の言語コードのみで置き換えるには、 /([a-z]{2})-[a-z]{2}/ を検索し、 /$1/ で置き換えます。

    タグ <img src="" data-lazy-src=""、<link href=""<script src=""<iframe src="" 内のリンク、および CSS スタイルと参照 CSS ファイル (url: ('')) 内のリンクが書き換えられます。

  7. [Save] をクリックします。

    コネクターが「コネクター」ページのリストに追加されます。

文書内プレビューを設定

文書内プレビュー機能は、CAT web editorとCAT desktop editorの両方で原文または翻訳されたテキストのリアルタイムプレビューを提供します。

Phrase requirements:

  • エンタープライズファイアウォールを通過してオンプレミスインストールにアクセスします。

  • オーサリング環境を認証します。

オンプレミスインストール用のファイアウォール設定:

  • インストールは次の IP アドレスからアクセスできる必要があります。

    34.243.87.13, 34.248.197.209, 108.129.22.31, 3.248.158.93

  • ドメイン名は、外部で解決できる必要があります。

備考

一部のHTMLタグにはリスクがあり、CATエディタはプレビューを表示する際にこれらのタグをHTMLから削除します。これはユーザーのデータプライバシーとセキュリティを確保するためです。

削除されるタグには、FORMIFRAMESCRIPTSVGVIDEOEMBEDOBJECT、background-image CSS プロパティーなどがあります。

TMGMT で Phrase を使用する

TMGMTでPhraseを使用するには、次の手順に従います。

  1. Drupal サイトに TMGMT モジュールをインストールします。

  2. ここからTMGMT用のPhrase翻訳プラグインをインストールします。

インストールすると、Phraseプラグインがプロバイダのリストで利用可能になります。

Drupal プラグインで使用するプロジェクトテンプレートファイルの種類として Drupal/WordPress XLIFF  を選択します。

Drupal_TMGMT_FileType.png

Drupal 7 に Phrase を翻訳プロバイダとして追加する

  1. TMGMT プラグインをインストールして Drupal 7 アカウントにログインします。

  2. [設定]に移動し、[地域と言語]セクションの[翻訳管理 Translators]をクリックします。

    Translation Management Translators 画面が開きます。

  3. [翻訳者の追加(Add Translator)] をクリックします。

  4. ラベル名と概要を追加します。

  5. Translator プラグインの下で、 Phrase Connector for Drupal を選択します。

    Phrase固有の設定が表示され、 PhraseのホームURL フィールドには https://cloud.memsource.com/webがあらかじめ入力されています。

  6. Phraseのユーザー名とパスワードを入力してください。

  7. オプション:リモート言語マッピングを指定する。

    これにより、サイト上で利用可能な言語へのマッピングが可能になります( 地域と言語 セクションの 言語 で設定)。

  8. [翻訳者を保存(Save translator)] をクリックします。

    Translator 設定が作成されます。

Phraseでコンテンツを翻訳 - Drupal 7

  1. Drupal アカウントで、 Translation メニュー項目をクリックし、 Sources タブを選択します。

  2. 翻訳するコンテンツの横にあるチェックボックスをオンにします。

    備考

    ドキュメントが表示されない場合は、ドキュメントの言語が原文言語に設定されていることを確認してください。

  3. [翻訳をリクエスト] ボタンをクリックします。

  4. 訳文言語を選択してください。

  5. ドロップダウンリストの [Translator] で Phrase の設定を選択します。

  6. チェックアウトの設定が読み込まれるのを待って、プロジェクトテンプレートを選択します。

    備考

    原文言語と一致し、すべての訳文言語を含むプロジェクトテンプレートのみがリストされます。

  7. [翻訳者に送信(submit to translator)] をクリックします。

    選択したプロジェクトテンプレートに基づいて、翻訳プロジェクトがPhraseに作成されます。

  8. Phraseで翻訳が完了するまで待ちます。

  9. [翻訳] メニュー項目をクリックし、[ジョブ] タブで翻訳が完了したドキュメントを選択します。

  10. 指定されたドキュメントの manage リンクをクリックします。

  11. Pull translations ボタンをクリックします。

    Phraseプロジェクトから翻訳を受け取ります。

  12. 必要に応じて見直してください。

  13. レビュー後、翻訳を公開します。

翻訳プロバイダとしてPhraseをDrupalに追加する 8/9/10

  1. TMGMT プラグインをインストールして Drupal 8/9/10 アカウントにログインします。

  2. [翻訳]に移動し、[プロバイダ]をクリックします。

    Providers 画面が開きます。

  3. [Add provider]をクリックします。

  4. ラベル名と概要を追加します。

  5. Under Provider plugin, select Phrase.

    Phrase固有の設定が表示され、 Phrase Home URL フィールドには https://cloud.memsource.com/webがあらかじめ入力されています。

  6. Phraseのユーザー名とパスワードを入力してください。

  7. Connect] をクリックします。

    接続が確立されました

  8. オプションリモート言語マッピングを指定する。これにより、サイト上で利用可能な言語へのマッピングが可能になります( 地域と言語 セクションの 言語 で設定)。

  9. [保存(Save)] をクリックします。

    プロバイダ が作成されました

Phraseでコンテンツを翻訳 - Drupal 8/9/10

備考

継続的な改善のため、ユーザーインターフェースが動画と完全に同じではない可能性があります。

  1. Drupal アカウントで、[Translation] メニュー項目をクリックし、[Sources] をクリックします。

  2. 翻訳するコンテンツの横にあるチェックボックスをオンにします。

    備考

    ドキュメントが表示されない場合は、ドキュメントの言語が原文言語に設定されていることを確認してください。

  3. 原文言語と訳文言語を選択して、Request translation をクリックします。

    ジョブの概要ページが開きます。

  4. プロバイダとしてPhrase設定を選択します。

  5. チェックアウトの設定] で、使用するプロジェクト テンプレート (存在する場合) と [納期] を指定します。

    • 原文言語と一致し、すべての訳文言語を含むプロジェクトテンプレートのみがリストされます。

    • 納期」はEODを表し、Phraseユーザーのタイムゾーンに変換されます。

    • [単一のPhraseプロジェクトですべての翻訳ジョブをグループ化]と[同じ設定ですべての翻訳ジョブを送信]の両方を選択して、すべての訳文言語を1つのプロジェクトにグループ化します。

  6. 翻訳を発注するには、[Submit to provider]をクリックします。

    翻訳プロジェクトは、選択したプロジェクトテンプレートに基づいて作成されます。

  7. 翻訳が完了するまで待ちます。

  8. [翻訳] メニューをクリックし、[ジョブ] タブで完成したドキュメントを選択します。

  9. 該当するドキュメントの [管理] ボタンをクリックします。

  10. Pull translations ボタンをクリックします。

    翻訳がプロジェクトから返され、ジョブのステータスが「納品済」に変更されます。

  11. 必要に応じて見直してください。

  12. レビュー後、翻訳を公開します。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.