Phrase TMS API

API認証(TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

ほとんどの API コールで認証使用が必要です。APIは特別なユーザープロファイルを使用しない。各 API は、既存の使用に代わって使用とパスワードを使用して呼び出すことができます。

トークン

認証送信先が必要な API を呼び出す前に、認証/ログイン API を呼び出して認証送信先を取得してください。トークンは 24 時間有効で、それ以降のすべてのコールに使用できます。コールごとに新規トークンを作成する必要はありません。

以降の API コールでは、取得したトークンが Authorization ヘッダーで使用されます。ヘッダー値フィールドは、API で始まり、その後にスペースとトークンが続きます。

例:

ApiToken OKTiI2V7QqRDu0HADR2Fk2b9hCteI1pT06bOSk5OD8HSc3oCOHMzIgVtOtLV65hi

OAuth 2.0

コールごとにトークンを送信するのではなく、アプリケーションで OAuth 2.0 を使用。

OAuth 2.0 接続を確立するステップップは、次のとおりです。

  1. 設定 Setup_gear.png ページから、[インテグレーション] セクションまでスクロールし、登録済 OAuth 認証アプリケーションをクリックします。

    登録済OAuth認証アプリケーションのページが開きます。

  2. 新規 をクリック。

    OAuth アプリケーション作成ページが開きます。

  3. 名前リダイレクトURI(コールバック)、オプションの説明を入力します。

  4. 保存 をクリックします。

    登録済 OAuth 認証アプリケーション ページが開かれ、一覧の新規接続と関連クライアント ID が示されます。

    このIDはPhrase送信先接続するアプリケーションで使用され送信先接続を確立します。データベースに保存され、リクエストと適切なリクエスタのペア送信先として使用されます。

  5. 次の URL と生成されたクライアント ID を認証に使用します。

    • 認証 URL

      https://cloud.memsource.com/web/oauth/authorize

    • トークンURL

      https://cloud.memsource.com/web/oauth/token

    プロファイルが米国データセンター内にある場合は、cloud.memsource.com の前に追加してください(例 :https://us.cloud.memsource.com/web/oauth/authorize)us.

  6. 認証時には、管理者プロファイルを使用してログインし、[Allow] をクリックします。

    アプリケーションがリンクされ、認証 API コールが不要になります。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.