プロジェクト管理

品質保証 - QA(TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

エディタに組み込まれている機能です。原文セグメントと訳文セグメントの比較、用語ベース、スペル、タグの内容などのチェックにより、翻訳のエラーを検出します。 翻訳者が正式なエラーを検出し、全体的な翻訳品質と一貫性を向上させるのに役立ちます。

プロジェクトマネージャーが設定すると、ジョブやプロジェクトでQAチェックが必須になる場合があります。必要な場合は、ジョブを「完了済」に設定する前にQA警告を緩和する必要があります。プロジェクトマネージャーが除外しない限り、QAチェックはロックされたセグメントでも実行されます。

QAチェックは即時または手動で適用でき、QAペインに表示されます。

  • 即時QA

    確定後にセグメント上で実行します。問題が発見されると、リンギストが解決するまでセグメントは翻訳メモリに保存されません。

    即時QAは、プロジェクトマネージャがアクセスとセキュリティの設定で実行できます。

  • 手動QA

    ジョブ内のすべてのセグメントをチェックします。ジョブが 完了済 に設定される前にリンギストによって実行されます。

QAのデフォルトの設定

デフォルトのQA設定を行うには、次の手順に従います。

  1. Settings Setup_gear.png ページから、Quality セクションまでスクロールし、Quality Assurance をクリックします。

    QA ページが開きます。

  2. 必要な設定を選択し、保存をクリックします。

    設定が保存され、すべての新規プロジェクトに適用されます。

品質管理設定インターフェイスは、プロジェクトを編集するか、プロジェクトテンプレートを編集することによって、プロジェクトレベルでもアクセスできます。

デフォルトでは、リンギスト/ベンダーによるすべてのQA警告を無視するように設定できます。一部のQAチェックについて、プロジェクトマネージャはQA設定の[無視可能]オプションを無効にできます。これにより、リンギストとベンダーはジョブを完了に設定する際に、この警告を無視することができません。

ジョブのQAステータス

ジョブに対してQAチェックが実行されるたびに、翻訳結果はそれぞれ異なる値で保存されます。

  • QA警告:未起動

    このジョブではQAが開始されていません。

  • QA警告:Incomplete

    QAがジョブの一部に対してのみ起動された場合(たとえば、ユーザーがQA警告リストの下部にある[Show more]リンクをクリックしなかった場合)、またはジョブ全体に対して起動されたQAが後で編集された場合。

  • QA警告:2 (1 は無視)

    QAが開始され、合計2つの警告が表示されますが、1つは無視されました。

プロジェクトページのジョブの確定値にマウスをのせると、QAステータスが表示されます。

QA管理オプション

プロバイダにQAチェックを強制する

プロバイダ(リンギストとベンダー)は、QAチェックが実行されて警告が軽減されない限り、ジョブを 完了済 に設定できないようにできます。プロジェクトマネージャは、どのQAチェックを適用し、どのQAチェックをリンギストが無視するように設定するかを選択することもできます。

無視する QA チェックを選択する手順は、次のとおりです。

  1. プロジェクト ページから、[Edit] をクリックします。

    編集ページが開きます。

  2. [Quality Assurance] をクリックします。

    QA チェック テーブルが開きます。

  3. 選択した リンギストは、QA 警告があるジョブを完了に設定することができません

  4. 選択解除リンギスト/ベンダーが無視するように設定しないQAチェックを無視できます

  5. [Save] をクリックします。

    設定はプロジェクトに適用されます。

すべてのワークフローステップで無視する

ジョブのすべてのワークフローステップでQA警告を無視することができます。最初のワークフローステップでQA警告が無視されると、それ以降のワークフローステップで未解決として報告されることはありません。

ワークフローステップ全体でQA警告を無視するには、次の手順に従います。

  1. プロジェクト ページから、[Edit] をクリックします。

    編集ページが開きます。

  2. [Quality Assurance] をクリックします。

    QA チェック テーブルが開きます。

  3. [その他のオプション]セクションまで下にスクロールし、[すべてのワークフローステップで無視]を選択します。

  4. [Save] をクリックします。

    設定はプロジェクトに適用されます。

QAチェックのリスト

QAチェックでは、スペルミスからタグの問題、用語の不統一まで、さまざまなエラーがチェックされます。一部のチェックは、変換テーブルでハイライトするように選択できます。

QAチェック

機能

即時QA

強調表示

言語

すべての言語チェックを選択します 。

訳文を空にする

訳文に文字やタグが含まれていません。

はい

訳文に余分な数字

訳文に余分な数字がありません。

はい

はい

訳文の不一致

  • 原文は同一で訳文が異なるセグメントは、チェックが入ったセグメントより前になります。

  • 訳文が同じで原文が異なるセグメントは、チェックされたセグメントより前に置かれます。

  • 繰り返しの例外や訳文が空のセグメントはスキップされます。

はい(バッチ確認あり)

先頭と末尾にスペース

訳文の先頭か末尾にスペースがありますが、原文にはありません。

はい

はい

原文の長さに対する最大訳文セグメント (%)

訳文セグメントの長さが指定されたパラメータ(デフォルトは130%)を超えています。

この設定は、上記のオプションとは無関係です。つまり、訳文セグメントが Maximum target segment length in characters または原文ファイルに設定されている制限に準拠していても、警告を表示する場合があります。

はい

訳文セグメントの最大文字数

訳文セグメントの長さが指定されたパラメータ(デフォルトは100000)を超えています。

原文ファイルに最大ターゲット セグメント長情報(ジョブ設定経由でインポートされ、 Max. target length as set during job creation オプションを有効にすると適用されます)が含まれている場合、このチェックは上書きされます。

はい

数字の不一致

原文の数字が訳文にはありません。

たとえば、原文には「1 and 2」という語句がありますが、訳文では「1 and 3」と読みます。

はい

はい

複数のスペース

訳文に複数のスペースがありますが、原文にはありません。

はい

はい

単語の繰り返し

訳文内の2つ以上の隣接する単語が同一です。

はい

はい

スペルミス

訳文にスペルミスが含まれています。

はい

原文と同一の訳文テキスト

  • これは、原文から訳文へコピーされたテキストに対するQAチェックです。

  • 数字、タグ、翻訳不要箇所のみを含むセグメントについては、警告は表示されません。

  • このQAチェックでは、翻訳不要箇所機能を使用して翻訳されたセグメントは無視されます。

はい

末尾の句読点

末尾の句読点は原文と訳文で異なります。

例えば、原文は「.」で終わっていますが、訳文は終わっていません。逆も同じです。

はい

はい

未編集のNT/MTあいまい一致

未編集のNT/MTあいまい一致が確認されました。

いいえ

未編集のTMあいまい一致

未編集のあいまい一致TMが確認されました。

いいえ

用語

すべての用語チェックを選択する

禁止用語

訳文の用語に基づいています(原文の用語は必須ではありません)。

はい

はい

用語の欠落

  • 原文の用語(ステータス 新規および承認済)は、訳文で対応する用語の翻訳がありません。[承認されていない用語を無視] オプションが選択されている場合、新しい用語は考慮されません。

  • 翻訳に禁止用語が使用されています。(原文中の禁止用語は無視されます。)

原文内の用語のみがチェックされます。

はい

はい

許可されていません

訳文に許可されていない文字列が含まれています。文字、またはUTF-8コードは許可されていない文字列として入力できます。

コンマ区切りで多数の文字列を入力できます。

文字列では大文字と小文字が区別されます。

はい

はい

書式とタグ

書式とタグのチェックをすべて選択します 。

空のタグ

訳文タグの内容は空ですが、原文タグの内容は空です。

たとえば、ソースは <a href="http://bbc.co.uk"> ですが、ターゲットは "" です。

はい

タグ内容の不一致

原文と訳文タグのタグ内容が異なります。

たとえば、ソースには <a href="http://bbc.co.uk"> が表示されますが、ターゲットには <"ht tp://">が含まれています。

はい

入れ子になったタグ

訳文のペアのタグが適切に配置されていません。

たとえば、ソースに {1>{2>abc<2}{3>abc<3}{4><4}<1} 、ターゲットに {1>{2>abc<2}{3>abc\{4<3}<4}<1} があります。

このオプションはデフォルトで無効に設定されていますが、スプレッドシートファイルを使用するプロジェクトでは有効にすることが重要です。

はい

タグ間のテキスト未挿入

ターゲットのタグとソースのタグの間にテキストを含まないタグのペアがあります。

たとえば、ソースに {1>abc<1} 、ターゲットに {1><1} があります。

はい

タグ & フォーマット

タグか書式が無効か、改行が欠落しているか重複しています。

例:原文に「{1} {2}」が含まれているが、訳文に「{1}」が含まれている場合

はい

タグで結合されたセグメント

{j} タグの数が原文と訳文で異なります。

例えば、原文は「xxx{j}yyy」ですが、訳文は「xxx yyyy」です。

はい

XLIFFタグ

訳文完成ファイルでは、タグのペア(bptept など)の順序が正しくありません。

たとえば、原文には「bpt bpt ept ept」が含まれ、訳文には「bpt ept ept bpt」が含まれます。

はい

ワークフロー

すべてのワークフロー チェックを選択します。

直前のワークフローステップに新しいバージョンあり

直前のワークフローステップに新しいバージョンのセグメントが存在するかどうかを確認します。

たとえば、翻訳ワークフローステップで修正されたセグメントが、翻訳ワークフローステップで修正されたとします。

はい

未確定セグメント

各セグメントが確定していることをチェックします。

いいえ

未解決のコメント

会話中に未解決のコメントがセグメントに含まれないようにする。

いいえ

カスタムチェック

  • 正規表現に基づくチェックや、そのような問題が特定されたときにエディタに表示される説明を定義するために使用されます。保存する前に検証されます。

  • [Add] ボタンを使用して、複数の条件を設定できます。

  • Source 正規表現Target 正規表現の両方が空でない場合、正規表現一致のカウントが原文と訳文で異なるかどうかを確認します。

  • 原文の正規表現 が空ではなく、訳文の正規表現 が空の場合、原文に一致があれば警告を返します。

  • 原文正規表現訳文正規表現が空欄でない場合、訳文テキストに一致があれば警告を返します。

はい

エラーメッセージ - QA

QA Webサービスから結果が返されませんでした。リクエストの処理中にエラーが発生しました。

一時的なサーバに問題が発生し、QA が数分利用できなかった可能性が高いことを示します。数分待ってから、もう一度QAを実行してください。問題が解決しない場合は、ステータス ページでインシデントを確認するか、サポート チームにお問い合わせください。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.