プロジェクト管理

継続プロジェクト(TMS)

本コンテンツはPhrase Language AIの機械翻訳により、英語から翻訳されています。

対象

  • チーム、プロフェッショナル、ビジネス、エンタープライズプラン

ライセンスについては、営業部門にお問い合わせください。

対象

  • チーム、アルティメット、エンタープライズプラン(レガシー)

ライセンスについては、営業部門にお問い合わせください。

継続的ローカライゼーション

継続的ローカライゼーションは、差分の変更があり、更新された翻訳テキストを継続的に提供する必要があるプロジェクトやジョブに役立ちます。ローカライゼーションのワークフローを開発プロセスに統合することで、従来のように開発プロセス後に行うのではなく、例えば、ソフトウェア開発環境では、更新された文字列はTMSに自動的に引き継がれ、リリースサイクルに合わせて処理されます。

Continuous_Localization.png

継続ジョブ vs 継続プロジェクト

継続ジョブと継続プロジェクトには、同じ機能はありません。

特徴

継続ジョブ

継続プロジェクト

モニタ(統合コネクタ経由)

単一ファイル

ファイルのフォルダ

単一プロジェクト

異なるリポジトリやロケーションのファイル

1つのリポジトリに1つのフォルダ(複数のフォルダをモニタリングできるGitとSitecoreを除く)

ファイル形式

限定

すべて

ワークフロー

はい

はい

変更されていないセグメントは更新されたファイルに引き継がれます

はい

はい

一括翻訳

はい

はい

納期の計算

いいえ

はい

解析/見積もり

いいえ

はい

原文更新時のワードカウント

原文の更新機能を使用する場合、更新されたコンテンツで追加または変更されたテキストの量のみを考慮するために、サブスクリプションの単語許容量に関連する単語計算が別の方法で実行されます。

ジョブの概要には、ジョブの初期アップロードのセグメント数とワード数が表示されます。

job_initial.jpg

原文の更新機能を使用すると、以前にインポートしたファイルを新しい原文ファイルで更新できます。

4文(2文は変更なし、合計17ワード、2文は合計4ワード)を追加すると、ジョブの概要に最新バージョンのカウント数と集計されたカウントが表示されます。

job_update1.jpg

追加されるセグメント:最後の合計セグメント数 + 変更されたセグメント数

追加される単語数:最後の合計単語数 + 変更されたセグメントで追加される合計単語数

この例では、

追加されるセグメント:3 + 2 = 5

追加されるワードカウント:19 + 4 = 23

追加の更新(4つの文に変更はなく、2つの文が合計4ワード、2つの文が合計4ワードで変更されました)、ジョブの概要はこの最新バージョンで更新され、集計にはすべての更新が含まれます。

job_update2.jpg

備考

エディタで原文セグメントを変更しても、サブスクリプションのワードカウントには影響しません。ただし、これらの変更は原文の更新機能を使用する場合のワードカウントの計算方法に影響します。アップロードされたファイルは、エディタ上で見えるファイルバージョンと比較されます。プロジェクトにファイルがアップロードされた場合、セグメントを結合してエディタで編集された場合、またはワードを追加・削除して再度アップロードされた場合、変更されたセグメントのワードカウントがサブスクリプションのワードカウントに追加されます。

プロジェクトの自動作成は、既存のプロジェクトを継続的に更新するように設定できます。これを有効にすると、原文ファイルの変更が検出されるたびに新しいプロジェクトを作成する代わりに、そのプロジェクト内の原文ファイルに対するすべての更新に対して新しいプロジェクトを作成し、継続的に使用します。

プロジェクトテンプレートはプロジェクト作成中のみに適用され、新規または既存のジョブの更新中には適用されません。

原文ファイルが更新されると、リンギストはEメールとエディタで通知を受け取ります。この際に、すぐに原文をリロードするか、原文が再度更新されるまで待つか、後でリロードするかを選択できます。ジョブの更新を使用して原文を手動で更新することもできます。

ジョブステータスの更新:

  • ステータスが NewEmailedAcceptedDeclinedRejected の場合、ジョブはリロードされ、ステータスは維持されます。

  • ステータスが Completed または Delivered の場合、ジョブはリロードされ、ステータスは Emailed に変わります。

  • 最初のワークフロー ステップのステータスが [キャンセル] の場合、ジョブは変更されません。

  • 更新する前に、変更されていないセグメントが訳文内の翻訳と一緒にコピーされます。

  • 継続プロジェクトのジョブが削除され、オンライン リポジトリの原文ファイルを更新した場合、新しいジョブが作成されます。

新規作業が検出された場合、完了済の継続プロジェクトを再度開く:

  • プロジェクトが [完了] に設定されており、CP がリポジトリをスキャンして処理可能な作業が見つかった場合、そのプロジェクトは新しい作業であることを示すために [割り当て済] に設定されます。

  • 既存のプロジェクトのステータスが「キャンセル」であり、ファイルが変更されたか、新しいプロジェクトが検出された場合、新しい継続プロジェクトが作成されます。

翻訳をリポジトリにエクスポートする

  • プロジェクトが継続中の場合、最後の ステップが完了するとジョブがエクスポートされます。

  • ジョブを手動でエクスポートするには、[ダウンロード]> [オンライン リポジトリにエクスポート] を選択します。変更されていないファイルもエクスポートされます。

  • 各訳文ファイルは、CP 設定で指定された訳文パスに保存されます。

再インポート:

  • ジョブは、ジョブテーブルダウンロードメニューから再インポートできます。

インテグレーション:

  • 継続プロジェクトに関連するサービス納期スキームが定義されている場合、それは新規または更新されたジョブに適用されます。

  • 継続プロジェクトに関連付けられたサービスに価格表が定義されている場合、それは新規または更新されたジョブの見積もりを生成するために使用されます。

この記事は役に立ちましたか?

Sorry about that! In what way was it not helpful?

The article didn’t address my problem.
I couldn’t understand the article.
The feature doesn’t do what I need.
Other reason.

Note that feedback is provided anonymously so we aren't able to reply to questions.
If you'd like to ask a question, submit a request to our Support team.
Thank you for your feedback.